最新記事一覧

こんな所でも中国マネー乱舞!「若い子爆買い」で飛田新地が高齢化!?

中国人観光客が日本で購入する4大商品は「魔法瓶」「セラミック包丁」「洗浄便座」そして「電気炊飯器」だといわれているが、番外でダントツ人気なのが実は“風俗”なのだという。 中国人の“爆買い”が、大阪の遊郭・飛田新地にも押し寄せている。夜ともなれば、団体から離れ、別行動でやって来たと思われる観光客が出没。スマートフォンの翻…

つづきを見る

造反の兆し!30歳定年制を推し進めるハリルJAPANに不協和音

現場とフロントの見解の違いは埋まらない。サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が、大ナタを振るう。10月8日のワールドカップ・アジア2次予選シリア戦からMF長谷部誠(31=フランクフルト)を外すというのだ。 長谷部は代表チームの主将だ。試合の結果如何では、ハリル監督は求心力を失い、チームも崩壊してしまう危…

つづきを見る

孤高の白鵬!それでも引退できない「年寄株」と国籍問題

大相撲秋場所(両国国技館)で横綱白鵬(30)がついにリタイアした。いまの頭の中は、次の九州場所で再起を図る計画と国籍問題でいっぱいのはず。 横綱になって初となる2連敗のスタートを喫した後、「足に違和感がある。力は入るけど、曲げるとちょっとね」と打ち出し後に訴え、病院に直行。3日目の朝、左大腿四頭筋腱炎で4週間の加療を要…

つづきを見る

ステロイド剤でさらに悪化…それでも安倍首相が画策する「憲法改正への執着」

ドタバタの国会劇場は閉幕した。歴代の政権が禁じてきた集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法が9月19日未明に可決成立し、とりあえず安倍晋三首相は胸をなでおろしたといったところ。ただ、周囲は「採決が近づくにつれて顔色が青ざめていき、今にも倒れるかと思った。政権を放り投げた8年前とそっくりの表情だった」(自民党幹部)…

つづきを見る

NHK紅白出場一番乗りは…50歳で50枚目シングルを発売した中森明菜!?

歌姫・中森明菜(50)が今年の紅白に生出演する期待が高まってきた。明菜は、昨年大晦日の『第65回紅白歌合戦』に12年ぶりに登場。大きな話題となった。 「通常紅白の出場者は、10月末から事務所への交渉状況が伝わり、11月下旬に発表される。しかし、昨年の明菜の場合は出ると分かったのは、12月28日のこと。その遅さから、交渉…

つづきを見る

日本ハム・斎藤佑恐るべし!「巨人が狙う人気と実力」その理由とは…

日本ハムの斎藤佑樹投手(27)は、やはり大した男なのかもしれない。 最近、一部男性誌が斎藤のことを取り上げているが、彼の記事をネット配信すると圧倒的なアクセス数を記録。あのイチローやマー君なども足元に及ばず、200安打を超えで今シーズン話題の西武・秋山翔吾外野手をはるかに凌駕する抜群の人気だという。 「集客力は同じチー…

つづきを見る

北川景子、武井咲ポスター“丸かぶり”はセイコー・シチズンの「してやったり」!?

東京オリンピックのエンブレムではないが、日本を代表する時計の2大メーカーの腕時計の広告ポスターが酷似していると巷で話題なっている。それもそのはず、モデルとなっているのが片や北川景子(29)、片や武井咲(21)の2人だからだ。 「北川はシチズン、武井はセイコーの時計メーカーと、共に2012年から契約を結んでいます。この2…

つづきを見る

20代の若者から高齢者… 大学通信教育課程で学ぶ面白さと人間模様

「一生勉強 一生青春」 詩人で書家の相田みつをはそう書にしたためた。 筆者も、独身のまま30代後半という中途半端な年齢になり、「一生勉強」には、まだ残りの人生の長さを考えるとぞっとするが、「一生青春」には、大いに励まされる。そんな言葉を自分本位な解釈で受け止め、今年4月、憧れの慶應義塾大学に入学した。といっても通信教育…

つづきを見る

りえママ店じまい! 人気番組『ヨルタモリ』終了の“なぜ”?

『ヨルタモリ』(フジテレビ系)が、9月20日の放送をもって終了した。日曜の夜11時台に安定して10%を超える視聴率をマークしているにもかかわらずだ。 「視聴率低迷に苦しむフジにあって、唯一といってもいいヒット番組。開始から1年が経ち、むしろファンが拡大していた中でのことですから、この終了は異例というべき事態でしょう」(…

つづきを見る

ラグビー界にも清宮親子ブーム! 次期代表監督に克幸氏が最有力

「ラグビー史上最大の大番狂わせ!」 英国放送協会(BBC)がそう伝えた。9月19日、第8回ラグビー・ワールドカップ予選プールB。日本が優勝2回を誇る南アフリカ代表から勝利をもぎ取ったのだ。 この大金星が新国立競技場問題にも一石を投じたようである。 「新国立競技場は総工費が2500億円以上掛かるため、白紙撤回されました。…

つづきを見る