最新記事一覧

広島・前田メジャー入札!黒田退団に備えた「新先発ローテーション」5本柱

広島東洋カープの前田健太(27)の“既定路線”とされていた、ポスティングシステムによる米球界挑戦の時期が注目されている。 前田はポスティングについて質問されたとき、「話すことはとくに…。決まったら言いますから」 と、肯定も否定もしなかった。 だが、今季もネット裏ではメジャーのスカウトがその一挙手一投足を見守っていた。

つづきを見る

次の標的は東京…IS無差別テロ「恐怖のXデー」

11月13日夜(日本時間14日早朝)起こったフランスのパリ同時多発テロは、ベルギー在住者が相次いで容疑者として浮上、ベルギーが犯行拠点だったことが浮き彫りになった。 フランスでは11月末に各国首脳が参加する、『気候変動枠組み条約第21回締約国会議(通称COP21)』が開幕予定だったため、大量の兵士を投じて厳重警戒を強め…

つづきを見る

北の湖理事長が3カ月間姿を見せなかった「本当の病の姿」

11月20日午後6時55分、元横綱で日本相撲協会の北の湖理事長が直腸がん多臓器不全で福岡市内で死去した。62歳だった。 このところ、北の湖理事長の体調の悪化は心配されていた。 今場所もまた体調不良を訴え、初日前日の土俵祭りや初日の協会あいさつを相次いで欠席。協会でNo.2の八角親方(元横綱北勝海)が代役を務めた。 北の…

つづきを見る

人気は衰え知らず!歌姫・中森明菜が紅白トリとフジ正月特番出演へ

本サイト『まいじつ』ではイチ早く報じているが(9月28日付配信)、いよいよ歌姫・中森明菜(50)の姿が生放送で拝める可能性が高まってきた。 彼女は2010年に体調不良を理由に活動休止。昨年大晦日の『第65回NHK紅白歌合戦』にスペシャルゲストという形で、ニューヨークから出演。とりあえず画面復帰を果たした。しかし、それ以…

つづきを見る

本田圭佑5戦連続得点「ますます冷遇される」国内Jリーグ選手

格下相手にはめっぽう強いサッカー日本代表の本田圭佑(29=ACミラン)が、Jリーグの監督問題まで混乱させそうだ。 「本田が11月17日のカンボジア戦(ワールドカップアジア2次予選)でゴールを挙げ、これで日本初となるW杯予選5戦連続得点となりました。しかし、この試合は試合後半からの途中出場で、前戦の4戦連続得点した12日…

つづきを見る

加護亜依が暴露!15歳時の交際相手にジャニーズの山下智久と亀梨和也が浮上

元『モーニング娘。』で、今年6月に飲食店経営者と離婚した加護亜依(27)がいよいよ本性をむき出しにしはじめ、芸能界に戦慄が走っている。 まずは“ギャラつり上げ”を画策しているとしか思えないような発言を、テレビでぶちかましたのだ。 「加護は10月29日放送の『ヨソで言わんとい亭』(テレビ東京系)に出演。かつてスキャンダル…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】長嶋茂雄リハビリ3885日密着で思うこと

私はライフワークとして欠かさないことがある。ミスタープロ野球・長嶋茂雄(79)のリハビリ視察だ。 2004年3月4日、脳梗塞で倒れて再起不能とまでいわれた長嶋さんを追い続け、病院を退院してからは、ずっと早朝のリハビリに密着しているのだ。 11月20日で3885日となる。足掛け10年以上も続けているわけだ。

つづきを見る

Sportsman hard life.

ロシア陸連の「ドーピング問題」アメリカの思惑とは

国際陸上競技連盟(IAAF)は臨時理事会を11月13日に開き、ロシア陸連に資格停止処分を科した(暫定)。 これでロシア陸連は新体制での出直しを余儀なくされ、さらには状況次第で来年夏のリオデジャネイロ五輪にも参加できなくなる可能性が出てきた。

つづきを見る

Businessman recieving the money offered by businessman on dark b

警察の山口組壊滅作戦か…日本大学名誉教授と元最高幹部の「黒い交際」リーク

日本最大のマンモス大学である日本大学の名誉教授Y氏(77)が、指定暴力団『山口組』の元最高幹部から海外事業資金として2000万円を借りていたことが明らかになった。 これによって、教育者と暴力団の“黒い交際”が社会問題に発展している。 「この元山口組最高幹部は、去年10月に上場したリクルートに株主権確認請求訴訟を起こし、…

つづきを見る