最新記事一覧

【吉見健明のダッグアウト取材メモ番外編】紅白に復帰した小林幸子との「おもいで酒」

昨年の『第66回NHK紅白歌合戦』に小林幸子(62)が、4年ぶりにカムバックした。 大晦日、私は個人的に感慨深い思いでテレビ画面を凝視した。というのも、小林幸子さんは、私の結婚式(1973年1月)に出席してくれた縁があるからだ。 また67年には、それまで東京六大学野球の通算本塁打記録を持っていた長嶋茂雄さんの8本を抜い…

つづきを見る

吉田鋼太郎、木村祐一、六角精児… 「結婚4回」男性に共通のモテるキーワード

昨年、『GQ Men of the Year 2015』に選ばれるほど活躍した俳優の吉田鋼太郎(56)。1月15日にスターする連続ドラマ『東京センチメンタル』(テレビ東京系)では初主演に挑戦している。 プライベートでは元日に22歳年下の女性と結婚し、公私ともに乗りに乗っている絶好調の“アラ還”男子だ。しかも、1度目の事…

つづきを見る

長澤まさみがセクシー衣装で映画大賞に登場した裏にあった「結婚延期」

昨年12月28日に行われた日刊スポーツ映画大賞授賞式でのこと。出演映画『海街diary』で助演女優賞を受賞した女優の長澤まさみ(28)がセクシーすぎる衣装で登壇し、場内を騒然とさせた。 「長澤は上半身がレースのシースルーで、下半身はお尻や脚のラインに密着した超タイトなセクシードレスで登場しました。会場には綾瀬はるか、広…

つづきを見る

石原さとみVS桐谷美玲 佐々木希VS島崎遥香「新共演NG」入り美女バトル

石原さとみVS桐谷美玲、佐々木希VS島崎遥香。 昨年末に米国の映画サイトが発表した『世界で最も美しい顔100』ランキングめぐり、豪華美女の間でバトルが勃発した。 このバトルは共演NGになるところヒートアップしているというから聞き捨てならない。

つづきを見る

NHK朝ドラヒロイン波瑠と嵐の大野智が4月期ドラマで「W主演」か

NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』のヒロインを務める波瑠(24)の快進撃が止まらない。 「ここ10年間の朝ドラの全話平均視聴率を見ても、吉高由里子主演の『花子とアン』(2014年上半期)が22.6%、杏の『ごちそうさん』(13年下半期)が22.4%、シャーロット・ケイト・フォックスの『マッサン』(14年下半期)21…

つづきを見る

カープと中日を取り巻く「不穏な空気」 噂の出所は意外なところから…

新年早々、プロ野球界に不穏な話が舞い込んできた。話題に上っているのは広島東洋カープと中日ドラゴンズだ。 「昨年のカープは、観客動員が過去最多だった前年を21万人上回る211万人を記録し、“黒田効果”でグッズ収益も飛躍的に増えた。純利益は過去最高の10億円は下らないという。これだけでもウハウハなのに、前田健太のポスティン…

つづきを見る

三船美佳と神田正輝の32歳差熱愛発覚も結婚できない「裏事情」

歌手で俳優の高橋ジョージ(57)と離婚裁判中のタレント三船美佳(33)が、32歳年上の俳優の神田正輝(65)と交際していると、スポーツ紙が報じた。 「1月1日付のスポーツニッポンが1面トップで大きく報じました。彼女は、“世界のミフネ”と呼ばれた大スター、故・三船敏郎さんが62歳のときの子で、夫の高橋は24歳年上。以前か…

つづきを見る

侍ジャパン「ポスト小久保」候補が最有力に挙がった元監督

野球日本代表の侍ジャパンを運営するNPBエンタープライズが、3月上旬に台湾との国際試合を行うことを発表した。 しかし、プロ野球12球団は改めて「開幕直前だけに、主力選手は派遣できない」と、難色を示している。 「2015年開幕前、オランダとの国際試合を行ったときも、各球団から同様の苦情が殺到しました」(球界関係者) それ…

つづきを見る

11年ぶりのドラマ出演でも「トラブルメーカー」になった萩原健一

タレントの忽那汐里(23)が初主演を務める連続ドラマ『鴨川食堂』(NHK BSプレミアム=1月10日スタート)で、共演の“ショーケン”こと萩原健一(65)が暴走しているという。 これに対して、俳優の内田朝陽(33)が堪忍袋の緒を切らし、ドラマを降板するという事態が起きた。

つづきを見る

容疑者の「異常な行動」が浮き彫りになる大阪シェアハウスバラバラ殺人事件

昨年12月29日に自称イラストレーターの森島輝実容疑者(29)が死体損壊と死体遺棄の疑いで逮捕された。 「二人は近くのアニメショップなどへよく一緒に行っていました。仲がよくて、ただならぬ関係なのかなと周りが勝手に噂していたほどです」(森島容疑者と渡邊さんを知る人物) 行方不明になっていたパート従業員の渡邊佐和子さん(2…

つづきを見る