最新記事一覧

『NEWS』手越祐也と小山慶一郎 天と地!キャバ嬢たちからのモテ具合

ジャニーズの人気アイドルグループ『NEWS』小山慶一郎(31)のレギュラーラジオ番組『KちゃんNEWS』(文化放送)で、小山が同グループの手越祐也(27)とよく飲みに行くとした上で、「カラオケで手越に泣かされる」と明かした。 番組にリスナーから「カラオケで感情入りすぎて泣いたことありますか?」との質問が来た。 小山は「…

つづきを見る

AKB10周年イベントをネットニュースで知った篠田麻里子の崖っぷち度

元『AKB48』の“ 麻里子様”こと篠田麻里子(29)が窮地に陥っている。 「篠田をめぐっては、9月に入って、13年のAKB卒業について“実は、運営側からのクビ(解雇)だった”との衝撃的報道が一部でなされたのです。運営にかかわる機密事項をペラペラしゃべることなどが原因とのことですが、これで篠田の“ 女王様”イメージが激…

つづきを見る

熊谷・男女6人殺害 事件前にペルー人容疑者が新宿歌舞伎町で警察官と揉み合い目撃情報

ひょっとして新宿が血の海になっていたのかもしれない。埼玉県熊谷市で男女6人が無差別に殺された事件で、別の住居侵入の疑いで身柄を確保されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)の関与が疑われている。しかし、ナカダ容疑者は確保前に住宅の2階の窓付近で包丁で自らの手首を切り、窓から落下し、意識不明の重体…

つづきを見る

ドラマ「半沢直樹」続編が2017年4月期放送内定!そして吹き飛んだ夏目三久更迭論

いまや女子アナ界の頂点に立った夏目三久(31)だが、漏れてくるのは、なぜか耳を覆いたくなるような罵詈雑言ばかり。 中でも、昨年3月末にスタートした『あさチャン!』(TBS)は最悪の雰囲気に覆われているという。 「一番の原因は総合キャスターを務める夏目のやる気のなさに付きますよ。番組に対する情熱が一切感じられないんです。…

つづきを見る

スクープ! 滝川クリステルと小澤征悦「完全復縁」裏に錦織圭と佐野研二郎

滝川クリステル(37)が、’09年から交際し今年3月に破局した小澤征悦(41)と完全復縁したという。 5月、滝クリは小澤がよく利用する都内のレストランを訪れ、笑顔で小澤の手を取り合う姿を一部女性誌が報じたばかり。その後、2人は極秘で「復縁」していたと週刊実話がいち早く報じたのだ。 その根拠として、滝クリの方に未練があり…

つづきを見る

ジャニーズの「結婚適齢期」から透けて見える木村拓哉の扱われ方

『TOKIO』の国分太一が41歳にして元TBS社員の女性と結婚した。交際期間は7年。ジャニーズ事務所にあるアイドルとしての“無言のルール”の厳格さから、国分の結婚を機に、ジャニー喜多川社長が「アイドルも適齢期になれば結婚するべきだ」と一部スポーツ紙にコメントしたことが注目を集めた。 また、9月15日に結婚報告会見を行っ…

つづきを見る

ファン層拡大!オトナ女性の間で静かなブーム「スパークリング日本酒」

シャンパングラスをくゆらせ、1人でお疲れ様の一杯。グラスの中では、シャンパンゴールドとはほど遠い、乳白色がかった透明な液体から気泡が湧き出ている…。 最近、1日の締めの一杯が洋酒から日本酒に変わった。ここ1~2年、自身へのご褒美にワインをいただこうとする度、日常的には通えない洗練されたショットバーにたまに足を運ぶと、ワ…

つづきを見る

おしどり夫婦の渡辺徹&榊原郁恵に「お約束の離婚危機」が再燃した

榊原郁恵(56)が、フジテレビの昼ドラ『プラチナエイジ』に続き、10月からスタートする『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助』(テレビ東京)にレギュラー出演することで、一度は消えた離婚危機の噂が再燃している。 夫・渡辺徹(54)とは芸能界の“おしどり夫婦”として定評があった。そんな2人の離婚情報が一部マスコミに報じられたの…

つづきを見る

森喜朗元首相ゴタゴタ続き! ラグビーW杯開催権はく奪で面目丸つぶれ

「メディアはあら探しばかりしている…」と、2020年東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長が、9月2日に行われた講演で吠えた。 新国立競技場の総工費問題、エンブレムのパクリ騒動などが巻き起こり、文教族のドンしては頭の痛いことばかり。しかも、このときの森会長には致命的な一打になりかねない通知が寄せられていた。 「新国…

つづきを見る

Exif_JPEG_PICTURE

呑兵衛を狙い撃ち!軽減税率で「財務省の罠」にはまるビール業界

また、ささやかな庶民の愉しみを奪うつもりか。 酒税法改正と消費税軽減税率導入論議が同時に進む中、「財務官僚の陰謀か!?」との声が飛び交っている。 17年4月に消費税率が10%に引き上げられる際、財務省は「酒類を除く飲食料品」について年間4000円程度を上限に還付するシナリオを描いている。痛税感を少しでも和らげる苦肉の策…

つづきを見る