最新記事一覧

投手よりも打者としての評価が高まっている大谷翔平

2016年に投手と打者で大活躍を見せた、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)は、将来的には打者として期待されているようだ。 「あるMLBのチームのスカウティング・リポートでは、大谷はMLBで44本塁打、120打点以上が可能だと報告されています。同時に、10年契約で総額200億円以上の価値があるとも言われています…

つづきを見る

清原和博が事件後に異例の早さでテレビ出演した理由

2016年2月に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博が、同年末にテレビ番組へ出演した。懐事情が厳しい清原は、関係者が尿検査の結果を持ってテレビ局を回り、ようやく番組出演にこぎつけたのだという。 現在執行猶予中の清原は、12月24日放送の報道情報番組『ニュースキャスター』(TBS系)で…

つづきを見る

米倉涼子が730日かけて勝ち取った正式な協議離婚の中身

“ドクターX”米倉涼子(41)は夫婦問題という病を克服できなかったようだ。 12月30日に、女優の米倉涼子(41)は所属芸能事務所を通して、離婚協議が成立したことを発表した。2014年12月に2歳年下の会社経営者A氏と結婚し、その直後から別居と離婚が囁かれていた。 “ドクターX”を演じた米倉でも、夫婦問題という病の、“…

つづきを見る

NHK大河ドラマの主人公「井伊直虎」はどんな人物?

今年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)が1月8日から放送開始する。主人公の井伊直虎は、幕末の大老で歴史的事件“桜田門外の変”にて命を落とした井伊直弼の先祖であり、戦国時代の動乱のなかで波乱万丈な人生を送った。本編開始を前に、概要やキャスティングをしっかり予習してから、より深く今年の大河を味わおう。 まず、名前か…

つづきを見る

アンケート調査で判明した日本の若年層の「学歴・肩書主義」

若年層になるほど保守傾向が進み、学歴・肩書を尊重する――。今年は18歳の選挙権が始まった歴史的な年だが、彼らが示した意思は、野村総研研究所が昨年発表した日本の10代の若者についての『生活者1万人アンケート調査』のなかで、すでに浮き彫りとなっていた。 この調査は、1997年より3年ごとに15~79歳の男女1万人を対象に生…

つづきを見る

B5サイズの電気自動車が発売。果たして公道を走れるのか?

電動スクーターや電動自転車など電動で動く車が増えてきて、セグウェイや電動スケーターなんてのも出てきている中、10月21日になんとB5サイズの電動自動車『WalkCar(ウォーカー)』が発売された。 『WalkCar(ウォーカー)』はCOCOA MOTORSという会社が「カバンに入れて持ち運びできる」というコンセントで作…

つづきを見る

よく見るのに名前が出てこない「なぜか人気が出ない女性芸能人」たち

テレビやCMでよく見掛けるのに名前がなかなか出てこない女性タレントがいる。“なぜかブレークしない女性タレント”とでも言うべきだろうか。 まずは山本美月(25)。彼女は典型的にブレークしないタイプだという。 「目が大きく鼻が高い美人顔で、ファッション誌の専属モデルも務めるほどスタイルも抜群です。でも男性にあまり人気があり…

つづきを見る

Beer bottles on the conveyor

政府の減税案に冷ややかな視線を送るビール業界

自民党と公明党が12月8日に公表した税制改正大綱において、現在3つに分かれているビールなどにかかる酒税を、55円程度に一本化することが盛り込まれた。日本製ビールの国際競争力を高めるためというのが理由だが、業界のみならず消費者からも、疑問の声が挙がっている。 日本のビール類は、原料や製法によって『ビール』、『発泡酒』、『…

つづきを見る

諸外国に比べて日本では選挙が多い理由は莫大な資金が動くから

「年明け早々の2月か…」などと、永田町では次の選挙についての囁きが聞こえている。 世界に目を向けてみると、日本の国政選挙は欧米に比べて格段に多い。日本は戦後70年間に衆議院と参議院で合わせて50回も選挙が行われているが、これはアメリカ35回、フランス29回、イギリス19回、ドイツ18回などを大きく引き離している。 「ド…

つづきを見る

ドバイには郵便番号がない!? 新住所検索システムが予想外に優秀

郵便番号は郵便を届けるための重要なコード番号です。日本では、郵便番号をスキャンして郵便物の仕分けをしているくらい重要ようなもの。知っていて当たり前です。しかし、海外には郵便番号を使っていない国が沢山あります。本物のリッチが住むアラブ首長国連邦(UAE)もそのうちの一つです。 海外サイトより引用 “Dubai is a …

つづきを見る