豪栄道20年ぶりの日本出身力士全勝優勝達成で協会が稀勢の里から乗り換え

先場所は7勝7敗で迎えた千秋楽で敗れて負け越し、今場所は4度目の角番だっただけに、周囲の驚きようは大変なものだ。

秋場所の序盤には綱取りに挑んでいた稀勢の里(30)の相撲に目がいっていた八角理事長(元横綱・北勝海)も、中盤過ぎには豪栄道のことを注視し、まるで自分の弟子のような力の入れようだった。13日目の横綱の日馬富士(32)との取組で、押し込まれながら首投げで逆転勝ちし、優勝に大きく近づいたときは、「ここで出たか。こういうところで(逆転させる技が)出るということは(運を)持っているってこと。まさしく優勝する力士の雰囲気だ」と思わずひざを叩いていた。

豪栄道は大関になって13場所目だが、。これまでに二桁の勝ち星をあげたのはたった1場所だけ。お荷物扱いされていた大関が一躍、大ヒーローになった。豪栄道は14日目に優勝を決めたあと、「(これまで)いろんなことがあって思い通りにいかないことも多く、つらいこともあったが、これで少し報われた。これはうれし涙です」と言って涙をこぼした。

だが、どうして一気に飛躍を遂げることができたのだろうか。