朝ドラ『スカーレット』桜庭ななみ“不器用演技”で戸田恵梨香を圧倒!

桜庭ななみ 

(C)まいじつ 

NHK連続テレビ小説『スカーレット』が、安定の視聴率をたたきだしている。大きな落ち込みもなく、連日20%前後を維持。今後、さらなるアップが期待されている。

「始まって1カ月半。早い段階で20%前後ですから中盤、後半はもっと上がる可能性もあります。順調なスタートと言えるでしょう」(テレビ雑誌編集者)

同ドラマは戸田恵梨香が川原喜美子役として主演。絵付け師として修行中の身で、下っ端として認められ、忙しい毎日を過ごしている。

「戸田というとワガママ、傲慢というウワサ話が先行していたのですけれど、コミカルな役がハマッています。オーディションなしで選ばれたとされますが、適役だと評判になっています」(同・編集者)

戸田の活躍の陰でそれほど話題になっていないが、ドラマ通の間で人気なのが喜美子の妹・直子役の桜庭ななみだ。

「10代のころから美少女女優として活躍。27歳になった今も芸能界を代表する美人です。でも、いまひとつ評判にならない。そういうキャラなのでしょう」(ドラマライター)

 

不器用が“味になる

桜庭演じる直子は川原家の二女。自己中心的で何かににつけ文句を言い、喜美子を困らせる役だ。

「まさに桜庭らしい役だと思いますね。文句ばかりのワンパターン。彼女は昔からこういう役が多く、かわいいだけで、そればかり。顔の表情がない役が多いのです」(同・ライター)

桜庭は2008年、少年漫画誌でグランプリを獲得。その後は女優一筋。バラエティー番組などにはあまり出ないことでも知られている。昨年はNHK大河ドラマ『西郷どん』にも出演した。

「実は彼女、しゃべりがイマイチなのです。前に何度かトークバラエティーに出たことがあるのですが、司会に振られてもうまく〝返し〟ができない。バツグンにきれいなことは確かですが、頭の回転はスロー気味。本人もバラエティー番組は敬遠しているようです」(芸能プロ関係者)

現在は焼酎のCMにも出演中。やはり美貌をメインにした内容だ。

「器用な演技ができる女優さんというイメージはありません。でも、1つの演技しかできないからこそ、いい味を出しています。〝不器用ななみファン〟が意外に多いようですよ」(前出のドラマライター)

まさに〝一芸〟に秀でた女優だ。

 

【あわせて読みたい】