工藤静香“TPOガン無視”の黒コーデに嘲笑「昭和94年を生きてるの?」

工藤静香 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

歌手の工藤静香が11月15日、自身のインスタグラムを更新。工藤のファッションセンスに度肝を抜かれる声が続出している。

先ごろ、ファッション誌『エル・ジャポン』の創刊30周年を記念したアート展「エル・ラブズ・アート(ELLE LOVES ART)」が開催された。ファッションデザイナーや作家など幅広いジャンルの著名人が〝LOVE〟をテーマに絵を描き、その中で、『二科展』22回の入賞経験を持つ〝実力派〟の工藤は『溢れるlove』というタイトルで色鮮やかな花の絵を披露。絵について、《私にとってのLoveは『溢れる愛』。自分の内側から外へ、1つ1つ丁寧に大切に、できる限りの力で与えるものでした》などと解説している。

そんな工藤は、自身のインスタグラムでも同イベントについて更新。《ELLE30周年おめでとうございます。#チャリティーオークション本日0:00からサイレントオークションをネット上でするそうです》というお知らせとともに、上下黒の〝ピチピチ〟レザーコーディネートを公開した。

 

う~んこのセンスはYAZAWA

この投稿に、ファンからは、

《ワイルド~ しぃ~ちゃんカッチョイイ~》
《ライダー衣装カッコいい》
《革が似合うご夫婦は日本でしーちゃん夫婦だけです》

など、称賛のコメントが多く集まっている。しかし、一方の匿名掲示板では、

《昭和94年を生きていらっしゃる》
《ロングブーツにレザーパンツをイン!? 昭和だねぇ》
《ていうかチャリティオークションに全身レザースーツで行くの? 普通にワンピースとかそんなのでよくね?》
《最近のステージママは自らステージに上がっちゃうんだねw》
《この人はずっと昭和感が消えないね》
《こんなに股上の浅いパンツはく人今時いるんだ…》

などと不評の嵐。工藤のセンスを疑う声や、TPOが合っていないことへの指摘が相次いだ。

「インスタ写真の2枚目、工藤は自身の絵の前で雑誌関係者らしき女性と2ショットですが、『脚の写り方がおかしい』『何これ、脚ぐにょ~んってなってる』などと、脚が話題になっているようです。確かに、工藤の前に投げ出された脚が〝曲がってはいけない方向に〟不自然に曲がっているようにも見えますね。〝脚長加工〟の弊害かとも考えられますが、以前にラジオで本人が加工修正に対して嫌悪感を示していたので、まあ可能性は低いでしょう」(芸能ライター)

これからも工藤には、写真加工を疑われてしまうような常人離れしたスタイルと、〝昭和全開〟のファッションセンスをキープしてもらいたいものだ。

 

【あわせて読みたい】