木下優樹菜“謝罪風の恫喝”メッセージに呆れ「子供を使うとか最低」

木下優樹菜

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

〝タピオカ恫喝〟騒動により、ついに芸能活動自粛に追い込まれたタレントの木下優樹菜。11月19日に放送された『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)は、渦中のタピオカ店関係者から木下の謝罪メッセージを独自で入手。内容を明らかにしたところ、ネット上では「謝罪文やのに上から目線過ぎる」「謝罪風恫喝」などと、新たな驚きの声が続出している。

コトの発端は周知の通り、木下が自身の姉が働くタピオカドリンク店の店長へ、インスタグラムのダイレクトメッセージ機能を通じ、

《事務所総出でやりますね》
《いい年こいたばばあにいちいち言うことじゃないと思うしばかばかしいんだけどさー》
《覚悟決めて認めなちゃい おばたん》

などと、脅迫めいた文言を送り付けたこと。去る10月9日に、この件がネット上で大きな話題になると、木下はたちまち大炎上。すぐさま謝罪文をインスタグラムに投稿したものの、沈静化は図れず、そのまま活動休止が決定した。

 

困った時は子供出しとけの精神

「グッディ!」の取材により、木下が同日にタピオカ店の店長にも謝罪メッセージを送っていたことが明らかに。その内容は、《冷静になって先日のメッセージを読み返してみたところ、(店長の名前)様に対し非常に失礼な表現がございました。深く反省しております》とし、《姉も含め、円満に本件を解決したいと思っております》というもの。

そして、情に訴えようとしたのか、《親同士ですので、今回のことがずっと尾を引くようなことは、子供のためにも良くないと思います》と子供を持ち出し、さらに《今回の件については、お店のことも含め「お互いに、誹謗中傷をしない」、「お互いに、第三者に話をしない」ということで解決させていただけないでしょうか》と、円満な解決に向け〝他言無用〟を提案している。

MCの安藤裕子は、「〝第三者に言わないでくれ〟というのは、これ以上自分が批判の矢面に立ちたくないという思い、謝罪というより保身に聞こえてしまう」と首をひねり、北村晴男弁護士も「順序だてて解決に向かっていかないと、解決はしない」と苦言を呈した。

ネット上でも、木下の〝ご都合主義〟的メッセージに対して、

《これが謝罪風恫喝か》
《子供をダシに使うとか最低》
《謝罪文やのに上から目線過ぎる》
《ケンカ両成敗みたいな流れにしようとしてて草》
《これは本人が考えたんやなって思わせるクソアホな内容》
《「お互いに、誹謗中傷をしない」って誹謗中傷した側から要求するの草》

などと、批判の声が続出。再大炎上の兆しがあるようだ。

何はともあれ、いつかは相手のハートに届くことを祈らずにはいられない…。

 

【あわせて読みたい】