観月ありさ28年連続主演の“記録”に呆れ声「無理やり過ぎる…」

観月ありさ 

(C)まいじつ 

来る12月26日~29日の深夜に、女優・観月ありさ主演のドラマ『アロハ・ソムリエ』(フジテレビ系)が放送されることが分かった。これで観月は連ドラ主演記録を28年連続に伸ばしたわけだが、ネット上では呆れ声が続出している。

今回、観月が演じるのは、ビアソムリエ。結婚もせず、大好きな酒に関わる仕事をし、毎日自由に楽しく暮らしていたある日、母・清美(浅田美代子)を連れてハワイに行くことに。そこで、ハワイの地ビールを楽しんでいく――、というストーリー。

観月は1992年の『放課後』(フジテレビ系)から続く〝連ドラ主演記録〟を持っており、「ここまで来たら30年という区切りを目指したい」と、さらなる記録を目指している様子。しかし、これに対してネット上では、

《無理やり記録作ってる感じ》
《記録のための主演なんてくだらない。近年のこの人の主演でヒット作ある?》
《本人も事務所もテレビ局も、無理やり感分かってると思う。30年連続で区切りよく無理はやめましょう》
《何のための記録なの? 意味ないでしょうこんなの》

など、冷めた意見ばかりだ。

 

そもそも今回の作品は連ドラなのか?

「今回の主演ドラマは、24時25分から放送の上、4夜連続というもので、連ドラと呼んでいいのか怪しいところ。あからさまに、記録のために作られたドラマですね」(芸能記者)

以前からも、観月の記録挑戦は〝無理〟が指摘され続けていた。

「16年と18年の主演連ドラは、NHK BSプレミアムの放送と、もはや地上波ではありません。そして17年の主演ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)は、日曜日の21時枠ながら全話平均視聴率が5.3%と大爆死。観月が数字を持っていないことは分かりきっており、今や各局が観月をなすり付け状態です。しかし、記録のために主演を続ける観月も、ある意味で被害者かもしれませんね」(同・記者)

とにもかくにも偉大な〝主演記録〟。あと2年で区切りの30年となるが、何とか〝いい作品〟との出会いを祈らずにはいられない…。

 

【あわせて読みたい】