香取慎吾の「今年も頑張ります!」発言に取材陣どよめき

「香取は、何となく目の焦点が合わず、泳いでいました。その上で『ごはんをぺロッと食べちゃう』とPRしたのですが、突然に『今年もますます頑張ります』と発言したのです。この言葉には取材陣も目と耳を疑いました」(スポーツ紙記者)

彼岸も過ぎたこの時期に、「今年もますます頑張ります」というのは不自然だ。年内は残り3カ月ほど。この手のあいさつは「これからも――」や「今後も――」、あるいは「今年も来年も――」と言うのが普通だろう。

「CMが10月から新バージョンになるらしいのです。“ますます”といってもワンクールの12月までなのか、と思いました」(同)

香取については、芸能活動休止に入るのではという見解もある。

「SMAP自体が12月解散でしょ。そこまでは頑張るよ、という意味にも受け取れます。みやぎ米というのは日本を代表する米。それとともに、宮城県は東日本大震災で最大の死者が出ています。沿岸部などはまだ建物もないところも多く、いまも盛り土を行っている最中です。本来ならば『これからもずっと頑張ります』というのが普通でしょう」(同)

しかも、香取が出席した翌28日には、彼がイベントに現れたとインターネットのニュースが次々に紹介されたが、その後には続々と削除された。