『森三中』黒沢かずこ“多重人格”仰天告白に動揺の声「ヤバい気がする…」

黒沢かずこ 

(C)まいじつ 

お笑いトリオ『森三中』の黒沢かずこが、11月25日放送の『1番だけが知っている』(TBS系)に出演し、自分の中に3人の人格が存在していると〝仰天告白〟した。

この日の放送は「大反響! 10の人格を持つ多重人格者が再び…驚愕の事実が」と題し、16歳女子・理系少年・モチモチ好き・最年少6歳・エンジニア・まとめ役…など、10人の人格を持つ多重人格者haruの日常に黒沢が密着。ところが、ロケ中に「私は20代前半のときに、33(歳)の人が上だったのね、一番。5歳がいたの。5歳と10歳」と、自分以外に3人の人格がいたことを黒沢が突然、告白したことで、ネット上には、

《ええっ、まさか黒沢さんもかよ!》
《黒沢さんがさらっと衝撃告白!!ビックリしたわー》
《黒沢さん、前回の放送でもだいぶ入れ込んでいたしね。自分を投影してたのかも…》
《何となく心に闇を抱えている感じがしたんだよね。幼少期に何かあったんだろうか》
《haruより黒沢の方がヤバい気がする…》

など、驚きの声が広がった。

 

現実逃避の逃げ道と言っているが…

「同番組での多重人格者の企画は、今回で2回目となりますが、前回放送時からかなりの反響を呼んでいました。haruさん自身は医師から〝解離性同一障害〟と診断されたと言っていますが、人格があまりにも都合よく変わることや、他の人格の記憶を都合よく共有していることなどから、ネット上では〝ヤラセ〟や〝厨二病説〟がくすぶっています。しかし、そんな疑惑の中、まさかの黒沢の〝衝撃告白〟が飛び出したことで、一気に黒沢に注目が集まりました。放送後はharuさん自身よりも、黒沢を心配する声の方が大きくなっているという、何とも皮肉な結果になっています」(エンタメ誌記者)

黒沢は番組の中で「私は1人っ子で、いろんなつらいことがあったときに、違う人を考えて持ってたんですよ。イメージが5歳、10歳、33歳くらいだったんですよ。でもそれはイメージの中だけであって、ちゃんと自分は全部分かってるし、ただ逃げ道としてそういうふうにやってたんですけど」と、自身に複数の人格がいた理由を説明したが、多くの解離性同一障害者の初期症状に似ていることから、現在の精神状態を心配する声も上がっている。

黒沢の告白には「単なる妄想癖でしょ。よくあることだろ?」と一笑に付する声もあるが、普段の明るい黒沢のキャラを知っているファンにとってみれば、かなり驚かされたに違いない。

 

【あわせて読みたい】