木村拓哉のビジュアルポスターに激震! “世界のナベアツ”そっくり!

木村拓哉 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

俳優・木村拓哉が、来年2月に東京と大阪でソロライブを敢行することが分かった。それに伴ってビジュアルポスターがお披露目となったのだが、そこに映る木村のポーズと表情に、お笑い芸人・世界のナベアツ(現在は桂三度)を想起する人が殺到しているようだ。

来年1月8日にソロアルバム『Go with the Flow』をリリースする木村。制作陣には、森山直太朗、槇原敬之、『いきものがかり』水野良樹、そして『B’z』の稲葉浩志など豪華アーティストを迎え、期待が高まっている。そんな〝超豪華〟アルバムを携えて、来年2月に初のソロライブ『TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow』を開催することが決定。木村は発表に際し、「ようやく騒げる場所が決定致しました。なるべく皆さんと近い距離で楽しみたいと思っています」とコメントしている。

そして、公開されたビジュアルポスターでは、口を開けウインクをし、おどけた表情を浮かべる木村の姿が。白のTシャツの上から黒と赤のシャツを羽織り、シルバーのゴツゴツした十字架のネックレスやベルトを着用するなど〝クール〟に仕上がっている。

 

「ナベアツのアホになってるとき」

ファン待望の〝歌手〟としての木村の姿に、ネット上では、

《46歳であのかっこよさ反則》
《アーティスト木村拓哉の初ライブなんで、スマのペンライトとかマジで持ってくんなよ~! 空気読んでね》
《キムタクのライブに行くと、ノリノリで踊りまくる稲葉さんを目撃できる可能性がある…のか…?》

などと、さまざまな反響を呼んでいる。しかし、匿名掲示板ではビジュアルポスターの木村の〝おちゃらけた表情〟に対して、

《世界のナベアツにしか見えない》
《片目つぶったり、舌出したり系のポーズはやめたら?》
《完全にナベアツ 股の開き方ももうそれにしか見えない》
《ナベアツのアホになってるとき(笑) おじさん落ち着いてよ…》

などと、〝3が付くときにアホになる〟芸でおなじみの世界のナベアツと〝ウリ二つ〟だと指摘する声が多く上がっている。

「木村は中国版ツイッターの『Weibo』で、たびたび自撮りをアップしていますが、そのほとんどは舌や歯を出している表情ばかり。それも笑顔というわけではなく、〝歯を剥き出しにする俺〟というワイルドさをアピールしているかのような表情なのですが、残念ながらファンからも不評のようです」(芸能ライター)

出演中の主演ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)は、三ツ星レストランを目指す物語。ぜひとも劇中で〝三ツ星〟と〝3〟を引っ掛けたチャーミングなポーズを見せてほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】