木下優樹菜“タピオカ恫喝”夫・フジモンがテレビで謝罪も全く響かず…

藤本敏史  木下優樹菜 

(C)まいじつ 

お笑いコンビ『FUJIWAR』の藤本敏史が、11月30日放送の『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)に出演し、妻でタレントの木下優樹菜が起こした〝タピオカ恫喝騒動〟について謝罪した。

木下は去る11月18日に、「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と報告し、現在、芸能活動を休止している。

この日の放送で藤本は「すみません。ホンマにご迷惑をおかけして…」と、世間を騒がせたことを謝罪。現在、木下が反省している様子などを報告した。

 

藤本の仕事にも影響が…

しかし、ネット上では騒動発覚後、木下が子連れでハワイに逃亡していたというウワサが流れており、「本当に反省しているのか疑わしい」など、批判の声は鳴りやまない。

《反省しているとは思えない。とりあえず謝っておこうって感じ》
《反省の日々? 嘘ばっか言ってんじゃねーぞ。ホントこの夫婦だけは二度と見たくないわ》
《騒動起こした後も裏垢使ってしゃべりまくってるからな。全然反省してないよ》
《フジモンも本気で謝ってないよな。ハワイ逃亡どころかバカンスだろw》
《速攻、裏垢バレてるしな。鈴木紗理奈がフォローしててワロタ》

「木下が反省の日々を送っていると明らかにした藤本ですが、視聴者からは、『実際はうわべだけ』と厳しい指摘が飛んでいます。タピオカ店のオーナーに謝罪したメールでも、子供のためにも〝お互いに第3者に話をしない〟と口止め工作していたことが発覚しており、イメージをさらに悪くしています。今のところは、藤本に対する直接的な批判はそれほど大きくはなっていませんが、木下が芸能活動を自粛している中、矛先がいつ向いてもおかしくありません。もともと、夫婦で評判が良くなかっただけに、今後、藤本の仕事にも影響が出てくる可能性は高いでしょうね」(芸能記者)

いまだ収束しない〝タピオカ恫喝騒動〟。業界関係者からは「もはや謝罪会見をしないと収まらない」という声も出始めているというが、果たして木下本人は、このままほとぼりが冷めるまで世間から逃げ続けるのだろうか。

一時の感情で放った暴言がここまでコトを大きくするとは、本人も全く予想していなかったに違いない。

 

【あわせて読みたい】