Matt×桑田真澄“理想の親子”で大ブレーク!? CMにディナーショーまで…

Matt 

(C)まいじつ 

元読売ジャイアンツ投手で、現在は野球解説等で活躍する桑田真澄氏と、近年大ブレークしている人気タレント・Matt。実の親子でありながら、これまであまり共演の見られなかった2人が、ここへ来て〝親子愛〟を見せつける急接近をしている。

11月29日、携帯キャリア『Y!mobile』は、「ワイ、ワイ、ワイモバーイル♪」という替え歌が特徴的なCMの新シリーズを全国で放送開始。今作は『ワイモバ学園「親子 de ダンス」篇』と題され、親子で加入するとお得になるプランのPRに、さまざまな親子が楽曲に合わせてダンスを披露している。

CMではメインキャストの出川哲朗が芦田愛菜と親子に扮している他、『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし・みさえ・しんのすけ親子、CMキャラクターである猫など、架空の親子キャラも登場。そして、桑田親子は実写にして実の親子として出演し、2人仲良く『ワイモバダンス』を楽しそうに踊っているのだ。

 

〝理想の親子〟として人気沸騰!?

「CMでの親子共演は今回が初めてですが、桑田氏のディナーショーやイベントで2人がそろったことはあります。今年も親子2人が主催のディナーパーティーが行われる予定で、どんな企画になるのかとファンはゾクゾクしていますよ」(芸能記者)

本物の親子が出演するというコラボCMも好感触のようで、ネット上には、

《仲良さそうでええやん 》
《あれだけネットでたたかれてたMattも今や市民権を得つつある》
《一緒に仕事できてうれしそう》
《何だかんだと自分の子供がかわいいんだろうな》
《マットのおかげで桑田はCM出れたようなもんやろ》
《桑田家仲良さそうでええよな 》

などと好意的な声が。さらに、こうした〝親子愛〟が強調されるにつれ、2人の人気も徐々に高まっているらしく――。

「ブレーク当初は『バケモノ』などと言われ気味悪がられていたMattですが、そうしたキャラを受け入れて多少オープンにしたところ、〝イジっていい扱い〟となってネット上での評価が爆上げ。また、野球をやらせたかったところをタレントにし、自分とかけ離れた容姿にすることすら許した桑田氏の評価も、『本人の意思を尊重する姿勢が素晴らしい』『理想的な教育方針』としてうなぎ上りになっています。特に、父親としての桑田氏の再評価は著しく、Mattの人気と合わさって〝理想の親子〟の称号は目の前。熱視線を送る業界も増えているようなので、今後は2人セットによる仕事が急増するでしょう」(前出の芸能記者)

野球×タレントの名親子といえば、真っ先に思い浮かぶのが長嶋茂雄・一茂の親子。桑田にとって長嶋氏は巨人軍の偉大な大先輩だが、親子としては長嶋家を越える人気を得られるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】