アニメ業界コワ過ぎ…10代少女わいせつ『ガイナックス』社長の鬼畜手口

(C)metamorworks / Shutterstock

声優志望の少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁は12月5日、アニメ制作会社『ガイナックス』の社長・巻智博容疑者を準強制わいせつ容疑で逮捕した。

巻容疑者は、今年2月6日から23日にかけて計4回、10代の少女に対して「芸能人として撮られるための訓練だ」と言って裸の写真を撮影。さらに「足がむくんでいるからマッサージをする」などと言い、身体を触った疑いが持たれている。少女が2月に、警視庁に被害を届け出ていた。

「巻容疑者は声優やアニソン歌手を夢見る青年に対してワークショップを開催しています。受講料は3000円で定員は50名ほどだったようです。応募資格は15歳から30歳でプロ・アマ問わず、プロダクションに所属していない人を優先していたといいますが、ここで自分の気に入った少女を物色していたようですね。他に被害者がいる可能性も高く、警視庁も裏取りに走っています」(全国紙社会部記者)

ワークショップの説明には《声優、アニソン歌手などを目指す人たち必見の講座になります》などと書かれており、アニメ業界を夢見る少女にとっては3000円という受講料も魅力的に映ったに違いない。