土屋太鳳“2年連続レコ大司会”に心配の声「去年のカミカミの悪夢が…」

土屋太鳳 

(C)まいじつ 

女優の土屋太鳳が12月6日、自身のインスタグラムを更新。年末30日に放送される『第61回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の司会を務めることを報告した。

View this post on Instagram

すっかり冬らしい季節となりました! そんな朝に、 このお知らせをお伝え出来ることが 本当に本当に嬉しいです。 . 12月30日にTBS系で放送されます 「第61回 輝く!日本レコード大賞」の司会を 安住紳一郎アナウンサーと 御一緒させていただくこととなりました! . 司会を務めさせていただくのは 2年連続2回目となります。 昨年、式典の最中はもちろん 打ち合わせ、リハーサル、台本、資料、 楽屋での皆様のご様子、 廊下で待機なさる時の空気、 真剣に祈るように見守るスタッフの方々、 下町ロケットのロケット打ち上げの時くらい並ぶ 機材とモニターの衝撃の数… . そのなかで 式典を支えるメンバーの一人という役目を 任せていただくことは 本当にとんでもなく光栄なことです。 本当にありがとうございます! . 昨年、ベストを尽くそうと努力しながらも 反省点がたくさん残りました。 その反省を生かしつつ、 私自身が自分の仕事において 授賞式などに迎えていただいた際に感じたことも生かしつつ 敬意をもって支えたいと思います。 . そして、その時間を 一人でも多くの方々に 臨場感をもってお届けできるよう 努力したいと思います。 . 報道の記事などで 「安住アナウンサーとタッグを組む」と 表現していただいているのを目にすると おこがましくてハラハラしますが、 発表のコメント収録を御一緒した時、 安住さんが「私たちもしがみついて盛り上げていきたい」 とおっしゃったのを聞いて、 経験豊富な安住さんでさえ「しがみつく」 という言葉を選ばれていることへの 驚きと尊敬、そして 「私たち」という言葉で 司会はもちろん、式典を創り上げる人たちを それこそ「ONE TEAM」として とらえていらっしゃることに あらためて感動しました。 だからこそ、あの、あたたかくも冷静な司会を 実現していらっしゃるのだと思います。 安住さんの背中をおいかけつつ、踏んばります! . 「第61回 輝く!日本レコード大賞」は 12月30日午後5時半から4時間半の生放送。 既に発表されている受賞者の方々、 候補者の方々をぜひチェックしていただいて、 令和元年、そして61回目の日本レコード大賞を 楽しんでください!!!!! #第61回輝く日本レコード大賞 #日本レコード大賞 #tbs

A post shared by 土屋太鳳 (@taotsuchiya_official) on

土屋は、《司会を務めさせていただくのは2年連続2回目となります。昨年、式典の最中はもちろん打ち合わせ、リハーサル、台本、資料、楽屋での皆様のご様子、廊下で待機なさるときの空気、真剣に祈るように見守るスタッフの方々、下町ロケットのロケット打ち上げのときくらい並ぶ機材とモニターの衝撃の数…その中で式典を支えるメンバーの1人という役目を任せていただくことは本当にとんでもなく光栄なことです。本当にありがとうございます!」などとコメント。大役を任された喜びを語った。

 

長文インスタに「意気込み過ぎ!」の声

ネット上では、

《今年も年末に太鳳ちゃんが見られるのが本当にうれしいです!》
《うれしい、うれしい。絶対に見ます!》
《リハ等の準備を含め本番まで大変でしょうが、昨年の経験を生かして頑張ってくださいね》
《太鳳ちゃん&安住さんの司会楽しみです。頑張って下さいね~》

など、ファンから応援のメッセージが寄せられた。

「2年連続で司会を務めることになった土屋ですが、昨年は優秀作品賞を受賞したAKB48『Teacher Teacher』の曲紹介の際、『ふぉーてぃ……ふぉーてぃ……』と噛んでしまい大ヒンシュクを買いました。特に指原莉乃にとっては最後のレコ大だったことで、AKBファンから猛バッシングを受けましたね。今年は二度と失敗が許されないため、本人もかなり気合いを入れているようですが、入れ込むと感情的になるため、スタッフは早くも戦々恐々のようです」(芸能記者)

土屋はインスタグラムに800字以上も長々と、レコ大に対する思いを書き込んでおり、ネット上では「意気込み過ぎ!」と心配する声も上がっている。また、土屋が《式典を創り上げる人たちをそれこそ『ONE TEAM』として捉えていらっしゃることにあらためて感動しました》などとコメントしたことで、アンチからは、《早速、流行語大賞をぶっこんできたな、うぜー》《ONE TEAM言いたいだけだろ!》など、厳しい声が殺到している。

一度は〝司会失格〟の烙印を押された土屋だが、果たしてどうなることか。今年こそは「安住さんの背中を追い掛けつつ、踏んばります!」という本人の言葉を信じたい。

 

【あわせて読みたい】