Kōki,またまた“ブランドコラボ”でウンザリ「品がない」「似合わない」

Kōki, 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKōki,が12月4日、インスタグラムを更新。伊勢丹新宿店で開催している『COACH(コーチ)』のポップアップショップを訪れた様子を公開した。

その躍進ぶりの一方で、ネット上では、「ブランドものと絡んでないとダメなの?」などと、冷ややかな声が多く上がっている。

Kōki,は4日、自身のインスタグラムで、『COACH(コーチ)』のバッグを手にポーズを取った写真を公開。襟元にフリルがついた白シャツに、黒のレザー素材のショートパンツを合わせ、ざっくり巻いた髪をサイドに流すなど、シンプルながらも華やかなコーディネートとなっている。公開された写真3枚のうち2枚は、『COACH』のシンボルである馬車のオブジェに手を置いたり、肘をついたりするポーズでエレガントな雰囲気をまとっている。

この投稿に、9万近くの「いいね!」が集まった。

「これまで、『CHANEL(シャネル)』や『BVLGARI(ブルガリ)』など名だたる高級ブランドのモデルを務めてきたKōki,。私生活でも、それらの高額なバッグや数万円もするTシャツを身に着けるなど、大のブランド好きがうかがえます。今回Kōki,が訪れた『COACH』というブランドは、先述したブランドよりも価格帯はやや低いため、一般人にもなじみのある人が多いかと思われます。とはいっても、Kōki,は現在16歳。ブランドのメインターゲット層とKōki,の年齢で〝チグハグ〟感があるのは否めません」(女性誌ライター)

 

「今からこんなでは行く末が恐ろしい」

年不相応の指摘が上がる中、次から次へと高級ブランドのモデルを務めまくるKōki,に対し、ネット上では、

《ブランドもの一通りやるつもりかね 一体何なんだろう》
《まだ10代なのに、常にブランドと絡んでるのって、不自然だね。成金っぽくて品がない》
《どう考えても自分の好みで仕事選んでるとしか思えないんだよ 母が》
《この子の母親、ブランド服着せるのが親の愛情とでも勘違いしてるんかな?》
《こんなブランド志向のティーンとか今の時代いる?》
《今から、こんなでは行く末が恐ろしい》
《今しかできない格好ってあるんじゃないのかなぁ。もったいない》

など、首を傾げる声が多く上がっている。

高級ブランドで身の回りを固めているKōki,だが、自分磨きも怠らないようガンバってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】