鷲見玲奈アナ“黒光りの肉棒”ガブりっ!「完全にモザイクが必要」

12月6日、テレビ東京の鷲見玲奈アナウンサーが、生放送の情報番組『よじごじDays』で大胆な〝視聴者サービス〟をしたと話題になった。

グルメや観光・レジャーなど、さまざまなおすすめスポットを紹介していく同番組。12月のクリスマスシーズンということもあり、この日の放送ではクリスマス気分が味わえる人気のイベントがピックアップされていった。

View this post on Instagram

. 今日のよじごじDaysの中継は、芝公園で行われている「東京クリスマスマーケット2019」からお届けしました✨ . 美味しい食べ物や飲み物を楽しめるのはもちろん、 とっても可愛い屋台が並んでいたり、素敵なオブジェが飾られていたり、幻想的なイルミネーションも楽しむことができるこちらのイベント😊 なんだかクリスマスがやってきたようでワクワクしました✨ . ストーブやテントも設置されていて、暖かい場所でも楽しむことができますよ☺️ . 実は中継の準備でバタバタしており、クリスマスマーケットの写真を取り損ねました…。 代わりに放送後にテントの中で撮った、ぶりぶりサンタとおふざけサンタを🙏 . . みなさんはクリスマス、どう過ごしますか?🎄 私はイヴもクリスマスもお仕事なのですが、むふふ…🙊 . ある場所で、あることをします! クリスマスは空けておいて下さいね🥺 . . #クリスマス #サンタクロース #よじごじDays #よじごじ中継 #クリスマスマーケット #Xmas #サンタさん #サンタコス

A post shared by 鷲見玲奈(すみれいな) (@sumi__reina) on

番組は東京・港区の芝公園と中継を結び、現地で行われているクリスマスイベント『東京クリスマスマーケット2019』の模様をリポート。鷲見アナは中継のリポーターとして登場し、にぎやかな雰囲気や出店ブースの様子を伝えていく。また、鷲見アナはサンタのコスプレ衣装を着用しており、そのかわいらしい雰囲気に視聴者は、

《エロエロサンタきたー!》
《すみちゃんかわいい》
《ますますキレイに!!》

などと、いきなり熱狂をあらわに。そしてこの後、鷲見サンタによる〝プレゼント〟が、視聴者をさらなる熱狂へと巻き込んでいった。

 

黒く照ったソーセージをパクリ!

鷲見アナはイベント内でのリポートにあたり、出店されているテントを巡っておすすめのグルメを紹介。ソーセージの屋台では実食もして感想を伝えたのだが、極太の立派なソーセージを咥えるさまに、視聴者はザワザワと声を上げ始める。

ギラリと黒く照ったソーセージを幸せそうに噛みつき、「うんうん」とうなずきながら肉を口いっぱいに頬張った鷲見アナ。また、肉汁で光りだした唇を舌でペロリとする仕草も見せ、ネット上には、

《今年最高の素材w》
《完全にモザイクが必要》
《期待に答えてくれるなw》
《素晴らしい!けど、歯を立ててる》
《卑猥な・・・》
《横からのアングルは最高だな》
《鷲見ちゃん咥えた瞬間一瞬ちゃんと止まるんだよなあ。分かってるわ》

などと、大興奮に包まれていった。

視聴者のソーセージからも肉汁が飛び出し、一足早い〝ホワイトクリスマス〟が訪れたようだ。

 

【画像】

DKai / Shutterstock

【あわせて読みたい】