グラドル来栖うさこ“かじりつきたいお尻”を大胆披露「最高ーっす!」

グラビアイドルの来栖うさこが12月8日、自身のインスタグラムを更新。パンダに扮したコスチューム姿で、自慢の〝かじりつきたいお尻〟を大胆披露した。

すると、ファンからは早速、

《迫力のお尻、マジ、かじりついていいですか!》
《最高ーっす!》
《88センチの爆裂ヒップ待ってましたー》
《もうエロ過ぎてたまらない。Tフロントも最高ですw》

など、歓喜の声が上がっている。

 

マイクロビキニで限界まで攻める

「コスプレーヤーやユーチューバー、グラビアアイドルとして活躍している来栖ですが、ここに来て、知名度もグッと上がってきました。人気の秘密はやはりDVDのタイトルにもなった〝かじりつきたいお尻〟でしょうね。88センチの爆裂ヒップが、尻好き男性の注目を浴びています。77センチという控えめな胸との〝ギャップ萌え〟も、かなりマニアックですね。コスプレーヤーをしているだけあって、衣装にもこだわりを見せていますが、本人が一番力を入れているのが〝ハイレグ水着〟です。きわどい角度のTフロントも、かなりエロいですよ」(グラビア誌ライター)

来年1月25日には、沖縄でロケをしたサードDVDの発売も決定しており、ファンからはさらなる過激な水着シーンを期待する声が高まっている。

「マイクロビキニで限界まで攻めているのが来栖の特徴です。バブル期に大流行したレースクイーン仕様のハイレグが、令和になってよみがえったとファンからは大絶賛なのです。グラドルのファンは巨乳好きが多いため、どうしてもスレンダー体型の女性は人気に火がつきにくいのですが、逆に大好物のファンにとってはたまらないでしょうね。かつての〝オシリーナ〟こと秋山莉奈を彷彿させるものがあります。今後の活躍にも期待が高まりますね」(同・ライター)

来栖のインスタグラムでは、たびたびセクシーな動画が投稿されており、ファンの楽しみの1つになっている。先日は競泳水着でのタイツ破り動画を披露し、「事前相談&タイツ持ち込みしていただければ、こんなふうに破きながらの撮影もできます」などとコメント。撮影会でのサービスぶりをアピールした。

今後もとことん〝エロス〟を追求してもらいたいものだ。

 

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】