『ものまね王座』にヤラセ疑惑!? ベテラン贔屓の審査員に呆れ…

(C)Aaron Amat / Shutterstock

12月6日に放送された『ものまね王座決定戦』(フジテレビ系)に対し、視聴者から「採点がおかしい」「誰が勝つか決まっているのでは」など〝ヤラセ〟を疑う声が相次いだ。

年号が令和に変わってから初の開催となった今回は、番組おなじみであるものまね界の大御所から、初参戦のタレントまで総勢28組が出演。各々が自慢のものまねネタを披露し、王座をかけてトーナメント形式で争っていった。

今回は若手とベテランが相対する構図が多く、予選では栗田貫一やコージー富田といったものまね界の重鎮が若手を前に次々と敗退。さらに、ものまね初挑戦というファーストサマーウイカ、ものまね歴1年の新星・YOMAが決勝まで勝ち進んでいくなど、波乱含みの展開となっていく。しかし、順調に勝ち進んだその結果とは裏腹に、YOMAが1回戦で披露した米津玄師のものまねは、視聴者から「似てない」の大合唱。ネット上に、

《似てるの髪型と服装だけw》
《何でこれで勝てるねん》
《旬の人で攻めたって感じだなw》
《歌ウマいだけで普通に似てないわ》

など、審査に対する不満が続出していた。

 

採点基準の不明瞭さに疑いの眼差しが…

下馬評を覆す荒れ模様となったトーナメントだが、決勝にはYOMAやウイカといった新人の他、ミラクルひかる、ダブルネームなど実績十分のものまねタレントも進出。ミラクルは松山恵子のものまねで『お別れ公衆電話』を披露し、決勝トップバッターの布施辰徳を1点差で上回って同時点での暫定トップに躍り出る。しかし、審査員のバイオリニスト・木嶋真優が、100点を出したにもかかわらず「この時代、知らないんですけど圧巻でした!」とコメントすると、ネット上には、

《出来レース感すごいね ダブルネームのチャゲアス全然似てないのに勝ち進み優勝》
《ものまねで知らない人の知らない曲に100点は草も生えませんね》
《全く知らないのに「圧巻だから」というものまねに関係ない理由で100点つけるなら、これもうものまねの点数対決じゃないですよ…》
《正規のものまねとしての点数ではないと思う。知っている審査員が少ないのもおかしいし》
《完全に出来レース感。審査員のコメントも怪しい》
《元歌知らないのに100点入れるとか意味分からん。歌うまい決定戦じゃないんやぞ》
《似てるからじゃなくウマいから高得点出すならただのノド自慢》

など、採点の不明瞭さを指摘する意見が続出。結局、終始にわたって不満が漏れ続けることになり、その不可解さから〝ヤラセ〟を疑う声まで多く上がっていた。

「似てる・似てない」を明確に数値化できない以上、多少の不満が上がるのは仕方がない?

 

【画像】

Aaron Amat / Shutterstock

【あわせて読みたい】