新垣結衣“SNSやらない理由”に称賛の声! やってる芸能人は苦笑い!?

新垣結衣 

(C)まいじつ 

女優の新垣結衣が12月4日、ファッションマガジン『NYLON JAPAN』の公式インスタグラムで行われたライブ配信で、自身のインスタアカウントを開設しないワケを告白。その内容にネット上から驚きの声が寄せられた。

このライブは翌5日に発売された新垣のビジュアルブック『YUI ARAGAKI NYLON JAPAN ARCHIVE BOOK 2010‐2019』の発売に伴うもの。新垣は予約の時点で重版が決定した喜びを語った。

視聴するファンがスクリーンショットを撮りやすいように、新垣が静止する〝スクショタイム〟も設けられるなどファンサービス満点。背景に貼られたポスター上の自身と同じポーズを取った新垣は真顔で静止し「…スクショタイムです これ」と、ファンに自らアピール。周囲のスタッフの笑いを誘う場面も起きた。ライブでは、事前に「#ゆいにはなしかける」で募集したファンからの質問に答えるコーナーもあり、「これを機にインスタグラムを始めてみませんか?」というファンの質問も読み上げられた。

現在、SNSを開設していない新垣は一瞬戸惑ったものの「映える毎日を送ってないんですよ本当に。見せたいものがない」とポツリ。「未来は分からないので可能性がないとは言わない」とし、「今はちょっと…。本当に大した毎日を送ってないので。寝てばっかりになっちゃうので」「あと、更新も滞っちゃったりするから」と返した。

 

ガッキーは“映えない”方がいい

この回答に、ネット上からは、

《いいです。やらなくていいです。ただ大好きです。》
《自分を必要以上にアピってるクソ芸能人より全然いい。かわいいのに自分を安売りしないのが高感度高い》
《インスタですっぴん披露、寝顔披露などせず、映えない生活だからと流行に乗らないところがいいと思います》

など、新垣の姿勢を評価する声が続出。さらに、

《SNSがガッキーの価値を下げるから、やらなくていい》
《絶対やらない方が賢い。SNSで身を滅ぼした人がどれだけいるか。やるなら、スタッフからのお知らせ。来期連ドラ決まりましたー。的な感じでいいと思う。》
《ガッキーみたいに好感度も人気も高い人はやる必要性もない。ダレノガレとか熊田曜子とか、自分から定期的に話題を提供しないと、あっという間に過去の人になるランクのタレントの自己アピールツール》

などと、SNSをやっている芸能人が苦笑いしそうなコメントが相次いだ。

新垣は昨年放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際、「家にいるときはみなさんの想像以上にダラけてますね。〝タテの状態〟でいるときがあまりないです」「休みの日はひたすら寝ます。13時間。長いです。二度寝、三度寝、四度寝と」と、引きこもりの私生活を自ら暴露している。

昨今はSNSで〝映えな生活〟をアピールしている芸能人が多い中、新垣は貴重なタイプなのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】