HIKAKINを目の前でディス! 女芸人にファン怒り「失礼」「後味悪い」

HIKAKIN 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

女性芸人のナンバーワンを決める『THE W』(日本テレビ系)が12月9日に放送され、ユーチューバーのHIKAKINが観覧席で戦いの模様を見守った。ネタ披露の際、ピン芸人の紺野ぶるまがHIKAKINらユーチューバーを揶揄するセリフを口にし、HIKAKINが苦笑いする一幕があった。すると、HIKAKINのファンを中心に紺野を批判する声が続出する事態となった。

紺野は予選Bブロックで、『阿佐ヶ谷姉妹』や『はなしょー』と同組に。高校教師に扮し、卒業生に向けて嫌味交じりにエールを送る一人コントに臨んだ。

 

紺野ぶるまがHIKAKINに嫌味「やってられるか!」

紺野はネタの中で「働かずに生きていきたい」と自身の夢を語り、「働かない夢を持ったことはないのか!」と生徒たちに呼び掛けた。「辻ちゃんのブログの収入を聞いたとき。ユーチューバーの年収を聞いたとき…やってられるかって」と、ブロガーやユーチューバーが労せずしてお金を得ていると揶揄。教師になったことを後悔しているなどと口にした。

ネタを終えた紺野は司会の後藤輝基に「優勝して(賞金で)働かずに生きていきたいです」ときっぱり。後藤がHIKAKINにネタの感想を求めると、苦笑いしながら「そんなふうに思われていたのかなって…」と漏らした。紺野は慌てて「違います」「自宅がゴージャスなので憧れてます」とフォローしていた。

結局、『はなしょー』に敗れ、予選ブロックで敗退となった紺野は「HIKAKINさん、YouTubeに1回出してもらっていいですか?」とお願い。後藤が「なんでや!」とツッコミを入れる中、HIKAKINはなおも苦笑いで「ぜひ…」と小さな声で口にした。2人は放送終了後、ツーショットを披露している 。

最後は仲良く写真に収まった2人だが、一連の流れに視聴者はハラハラした様子。ユーチューバーを嘲笑するようなネタを見せられ、HIKAKINがイラついていないか心配する声もあった。

《笑うところが何もなかったな》
《紺野ぶるま 何か後味悪いネタだなぁ。いろんな人傷つけてそう、ヒカキン苦笑いじゃん》
《ユーチューバーで生活送ってる人は楽してないし頑張ってると思うよ》
《ヒカキン目の前いるのにユーチューバーは楽して稼いでるみたいに言うの良くない》
《HIKAKINに失礼ー! HIKAKINの努力家を知ってて 紺野ぶるまはこのネタをやってるのか》

〝お笑いネタ〟としてのレベルも相当に厳しかったようだ。

 

【あわせて読みたい】