MEGUMIの息子が俳優デビュー「MEGUMI要素多め」「横顔はMEGUMI」

(C)Dean Drobot / Shutterstock

『Dragon Ash』(ドラゴンアッシュ)の降谷建志とタレントのMEGUMI夫妻の長男・降谷凪(ふるやなぎ)が、来年1月17日公開の映画で俳優デビューすることが分かり、ネット上では〝MEGUMI似〟だと話題になっている。

凪が出演するのは、映像作家の岩井俊二氏のオリジナル恋愛映画『Last Letter(ラストレター)』。松たか子が演じる主人公の岸辺野裕里の息子・瑛斗役で出演する。

今作が俳優デビューとなった凪は、「初めてだったから緊張したけど、スタッフの皆さんに優しくしてもらったので楽しかったです」と撮影を振り返りつつ、「休み時間に岩井監督に、触ったら変形するおもちゃでいたずらをして驚かせたりしました」と明かすなど、10歳らしい無邪気な一面も見せている。

「先行カットでは、ソファでごろごろしながらゲームで遊んでいる様子や、何やら松に話し掛けられているにもかかわらず、仏頂面で食卓に座っている様子などが公開されています。ぷっくりとした厚めの唇は父・降谷建志似ですが、二重幅がしっかりありつつ涼し気な目や各パーツの配置は完全に母・MEGUMI似。とすると、目を引くオーラは祖父の古谷一行から受け継がれたものでしょうか」(芸能ライター)

 

全体的にMEGUMI似

ネット上でも、初公開となった凪の姿に対し、

《MEGUMI要素多め》
《『Dragon Ash』要素あんまり感じないな… MEGUMIの方に似てそう》
《横顔とかMEGUMIだね》
《鼻筋通ってる感じだし、父親に似てくるかもね》
《両親の良いところを受け継いでる感》
《MEGUMIがさっぱりした男顔だから、MEGUMIに似てしゅっとしたイケメンぽいね 塩顔っていうの?》

などと、全体的に〝MEGUMI似〟だと指摘する声が多く上がっている。

2世という立場は批判を浴びやすい場面もあるが、確かな演技でそんな下馬評をはねのけていってほしいものだ。

 

【画像】

Dean Drobot / Shutterstock

【あわせて読みたい】