福原愛の“私服”が…「幼稚園児?」「どこで買うの?」「何てダサさ…」

福原愛 

(C)まいじつ 

元卓球選手の福原愛が12月6日、自身のインスタグラムを更新。台湾の地下鉄に初めて乗ったことを報告したものの、ネット上では福原のファッションに失笑する声が続出している。

2016年9月に台湾の卓球選手、江宏傑(こう・こうけつ)と結婚し、現在は2児の母として奮闘する福原。この日は、江とともに台湾・淡水へ初めて訪れたことを報告。淡水といえば、台北で一番夕陽がきれいな街といわれている場所で、中心地からアクセスしやすいこともあり、日本人にも大人気の観光スポット。

福原は、「阿給」と呼ばれる油揚げの中にいとこんにゃくが入っている汁物や、《見つけたら絶対買ってしまう、旦那さんの大好物でもある春巻きアイスクリーム》というモチモチとした皮にピーナッツの飴を削ったものを巻いて食べるという新食感デザートなどを堪能したようだ。

そんな旅の移動は、自身初となる地下鉄。《初めて台湾の地下鉄に乗りました》というコメントとともにアップされた写真で、福原はビーズで縫い付けられたリンゴとラフランスのデザインがある白いトップスに、赤と白のチェック柄のロングスカートを合わせている。そのリラックスした表情を見るに、どうやら充足感のある旅となったようだ。

 

人生の大半を卓球着で過ごすとこうなる

家族愛を感じさせるほっこり投稿だが、ネット上では福原のファッションに失笑する声が多く上がっているようで…。

《いや服のセンスよ》
《何だこのダッサイ服は…》
《芋っぽい? 向こうでは流行してる服装なのか?》
《センスが幼稚園児みたい》
《三十路でそのトップスはヤバいw 幼稚園児の服みたい》
《アップルマークのパクりみたいなの付いてる》
《こんなダサい系の服はどこで買うんだろ?》

などと、辛らつな評価を下されてしまった。

「福原は、以前からフリルやレース、花柄など女の子らしいファッションが好き。明言こそしていませんが、おそらく幼少期から卓球漬けの毎日で、そういったファッションをする機会が少なかったため、選手を引退してから気持ちが爆発しているのかもしれませんね」(女性誌ライター)

福原には年齢にとらわれず、これからも好きなファッションを存分に楽しんでほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】