ブルゾンちえみ“先輩のアドバイス”をガン無視…「お笑いやめたの?」

ブルゾンちえみ 

(C)まいじつ 

『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の水曜レギュラーを務めるも、番組内でボケや気の利いたコメントが全くできず〝水曜日のお荷物〟との称号を欲しいままにしているお笑いタレント兼アーティスト、女優のブルゾンちえみ。視聴者からは「もはや何のために出演しているのか分からない」などと辛らつな評価も受けてしまっているが、それでも本人は〝芸人然〟とした振る舞いを断固拒否しているようだ。

この日の番組は、「一見普通の品だけど、理由を聞いたら実は『スゴい品』」の〝一体、何がスゴいのか?〟をクイズ形式で紹介するVTRコーナー「理由を聞いたらスゴい品!」を放送。お笑いコンビ『和牛』、森富美アナウンサー、ブルゾンの水曜レギュラー4人でロケに出向き、スタジオではその模様を楽しんでいった。

VTR内の一行は、アジア全域の歴史や文化に関する巨大な研究施設が併設された『東洋文庫ミュージアム』(東京・文京区)を訪問。その本の貯蔵量に驚愕していると、モリソン博士がコレクションしたという「モリソン書庫」の値段を当てるクイズが出題される。「和牛」の水田信二は「10億円」と予想し、続くブルゾンは2億円と予想。すると、水田はブルゾンに「35億って言わな…35億って言わなあかんて…」と、自身のネタにかけたボケをするよう小声でアドバイスを送り始めた。

 

持ちネタを言うチャンスを愛想笑いでスルー…

しかし、ブルゾンは愛想笑いを浮かべるだけで水田をスルーし、その間に職員から「70億円」との正解発表が。結局、この日も芸人らしい活躍は全く見せることがなく、ネット上には、

《水田に「35億って言わな」と当たり前のことを言われるブルゾン》
《35億って言わな!って言われたときのブルゾンの、スーンとしてる感じが嫌…》
《ヒルナンデスのブルゾンの立ち位置が分からない。もうお笑いはやめたの? 女優?》
《ブルゾンって芸人だよな こんな一般人みたいなしゃべりしかできなくて居る意味あんのかな》
《ブルゾン駄目駄目だな》

などと、相変わらずの厳しい意見が上がった。

「『ヒルナンデス!』のブルゾンは芸人らしいことを一切しない。かといって的確なコメントや専門的な知識を披露するわけでもない。どうせギャラを払うなら、グラドルやモデルを起用した方が、見た目が華やかな分まだ役目があるのでは」(芸能ライター)

大ブレークからそろそろ3年たつが、ここまでよく持ちこたえたと言えるだろう。

 

【あわせて読みたい】