JOY暴走!? 木下優樹菜の“タピ喝”を茶化し「消されるぞ!」と心配の声が…

木下優樹菜 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

一時は、明石家さんま、松本人志、太田光でも触れることができない〝芸能界のタブー〟となっていた木下優樹菜のタピオカ店恫喝事件。これをタレントのJOYが揶揄したとして、ネット上で話題になっている。

〝タピ喝事件〟とは、木下が姉が勤務するタピオカ店の店長へ、侮辱を含む恫喝メッセージを送り付けたもの。

《これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》
《週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ》
《覚悟決めて認めなちゃい おばたん》

などといった卑劣で脅迫的なコメントが問題視され、瞬く間に炎上。ネット上では、しばらくトップニュースとして扱われていたが、テレビでは全く報じられないというメディアの〝闇〟も話題となった。

「テレビが騒動をひた隠しにしていた当時、『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)で、太田光が木下の夫である藤本敏史に何かを言おうとしたところ、明石家さんまがすかさず『言うたらあかんねん!』と制止していました。また、松本人志も『ワイドナショー』(同系)でこの事件を扱えないことを暗に示し、その異様な雰囲気が取り沙汰されましたね」(芸能記者)

それからしばらくして、木下に〝謹慎処分〟が下されると、メディアは〝解禁〟とばかりに事件を報道。しかし、『スッキリ』(日本テレビ系)の加藤浩次や近藤春菜など、一部のワイドショー出演者たちは、一様に木下を擁護。あらためて、この事件の異常性が浮き彫りとなった。

 

「事務所総出でつぶされんぞ」

そんな中の12月12日、タレントのJOYが突如、インスタグラムを更新し、大きなタピオカミルクティーとともに写る自分の写真をアップ。《あたい、タピっちゃったよ》とコメントしつつ、ハッシュタグには「#胃袋爆発確定 #リバース確定 #事務所総出でやりますね #片付けを」と、明らかに木下を揶揄する言葉を付けた。

さらに、JOYの友人でタレントのユージがこの投稿に対して、《おじたんw》とコメント。2人そろって木下の事件を茶化し続けた。

これにネット上では、

《もー2人とも好き あー吹いた吹いた(笑)》
《事務所総出www》
《JOYさん、芸能界のタブーに触れる》
《事務所総出でつぶされんぞ》
《タグwwそこいじっちゃって大丈夫ですか!?》

などといった声が上がっている。

「JOYはチャラ男としてブレークしましたが、最近は真面目路線。沢尻エリカが逮捕された際には、『これだけ芸能人の薬物逮捕が多いなら、半年なり1年に一度の薬物検査のルールを設けたらいいのに。抜き打ちでもいいですし』とツイッターでコメント。『とくダネ!』(フジテレビ系)では、〝人権〟を掲げて薬物検査に否定的なコメントをする小倉智昭や古市憲寿氏などの〝身内擁護勢〟と対立していましたね」(芸能記者)

新たな〝芸能界のご意見番〟になる日も近い?

 

【あわせて読みたい】