『嵐』ドキュメントで“ファン絶望”の事実判明!「もう解散確定やん…」

嵐 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

2020年いっぱいで活動休止することを発表している『嵐』のドキュメンタリー番組『ARASHIʼs Diary -Voyage-』が、ネット動画配信サービス『Netflix』にて制作・配信されることが分かった。それに先だって、宣伝ムービーが公開されたのだが、ある演出を巡ってファンの間で物議を醸しているようだ。

同番組は来る大みそか、12月31日から約1年間、2020年12月31日の嵐の活動休止までの姿を映し出し、毎月不定期に全20話以上を配信する企画。過去の映像から5人それぞれのインタビューなどが収められるようで、このジャニーズ史上前代未聞の挑戦に、ネット上では早くも話題騒然となっている。

松本潤はコメントで《僕自身、どんなドキュメンタリーになるのか今は想像がついていませんが、嘘偽りのない僕らがそこに映っています》と、ファンに呼び掛けている。

 

「5人、最後のドキュメンタリー」

「配信に先立って、約1分間の宣伝ムービーが公開されました。ムービーでは人気曲『Happiness』や『Monster』などに合わせ、過去のライブ映像がテンポよく切り替わっていく演出。映像と映像の合間で、黒背景に白文字で〝CDセールス、4000万枚以上。〟〝チャート首位回数、歴代1位。〟などと、これまで打ち立てた偉業を紹介し、最後には〝5人、最後のドキュメンタリー。〟とあおって幕引きとなっています。すると、この〝5人、最後のドキュメンタリー〟という言葉に違和感を持った人が多くいるようです。嵐は解散するのではなく〝活動休止〟をするというテイなわけですからね…」(芸能ライター)

実際にネット上では、

《もう解散確定やん》
《本音を言うと『5人、最後のドキュメンタリー』だなんて言わないでほしい。最後って何?》
《もう、そうとしか思えないんだけどね。ここまでやられると戻って来ないみたいでツラい》
《5人でドキュメンタリー撮るのは最後ですよ、嵐は事実上の解散ですよ、さようならってことじゃん、死んだわ》
《何で言い切るの?「活動休止前、最後のドキュメンタリー」やろ》
《「最後のドキュメンタリー」って「嵐」じゃなくて「5人」なのね》
《この〝最後の〟はいつの何処を指しているのか? ネガティブに考えてしまう》

などと、大きなショックを受ける声が続出している。

暗黙の了解をしているファンに、図らずも〝最後〟を突き付けた『Netflix』。〝傷に塩を塗る〟というのは、まさにこういう行為なのかもしれない…。

 

【あわせて読みたい】