韓国出身歌手・BoAの“変わり過ぎた”近影に驚き「別人かと思った…」

BoA 

(C)まいじつ 

去る12月13日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した韓国出身の歌手・BoAが、視聴者から「顔が変わった」と評された。

BoAが同番組に出演するのは実に4年ぶり。この日の番組は「クリスマスに聴きたい名曲ベスト10」がテーマで、BoAは自身の代表曲の1つである2004年のクリスマスソング『メリクリ』を披露した。

番組内のトークでは、毎年この季節になると「メリクリ」が街で流れ、友人からも「メリクリが流れ始めたよ」「冬だね」などと連絡をもらうと語ったBoA。その後の歌唱ではクリスマスらしい雰囲気でスタジオを感動させ、15年前の楽曲にもかかわらず、放送後の『LINE MUSIC』リアルタイムランキングで1位に急浮上する大反響を巻き起こした。

しかし、ネット上では同楽曲と並び、彼女の容姿に多くの注目が集まったようだ。

 

「日本に来るたび顔変わってるのヤバい」

10代半ばだったデビュー当初から20年近くが経過しているためか、ヒットチャートをにぎわせていた時代からはかなり異なった印象になっているBoA。クールビューティー系だった目元はぱっちりとした二重まぶたになり、鼻の形も変わったように見える。

体型も、かつてのイメージから一変し、スポーティーな健康体からスマートボディーに。しかし、スリムさを感じる一方で、ガリガリで病的な雰囲気にも見えてしまっている。また、番組はBoAの過去を映像で振り返ったため、今回との容姿の差が如実に感じられてしまうことに。視聴者はこうした変化に驚いたようで、ネット上には、

《ワイプに映るオバちゃん誰やろ思ったらBoA、、、》
《私も同じこと思った。目をいじったのか、メークなのか。それか何だかすごく痩せたように見えるから、そのせいで顔も違って見えるのかも》
《日本に来るたび顔変わってるのヤバい》
《トレンドにBoAあったから写真見たら顔違い過ぎて別人のBoAさんがデビューしたのかと思った》
《BoAさん顔メンテナンスし過ぎ! かわいかったのに。。》
《久しぶりにBOAを見たけど自分の知ってる顔じゃなかった》

などといった声が続出していた。

久々に登場となったBoAは、いろいろな意味でしっかりと〝爪痕〟を残したようだ。

 

【あわせて読みたい】