ギャル曽根“大食い”でまたズル行為か!?「毎回自分だけ特別ルール」

ギャル曽根 

(C)まいじつ 

12月16日に放送された『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で、ギャル曽根が大盛メニューに挑戦した。この日も他の芸能人に先んじていち早く完食したギャル曽根を称える声が出た一方、相変わらず「味変」で激闘を乗り切ったため「ズルい」との声が出ている。

視聴者の間で話題になったのは、2本撮りのうちの1本目。元プロ野球選手の山崎武司、岡島秀樹の両氏、『ダイアン』の2人らとともに総重量3.8キロ、肉だらけの「フェスティバル丼」を40分以内に食べきるというもの。

ギャル曽根はたっぷりのったチーズが固まり食べにくくなるのを防ごうと、先にチーズダッカルビを食べることに。順調に食べ進めていたが、米の多さにつまずいた。「ご飯の量が(おかずに対し)多い気がする」と気付いたようだ。

 

「他の人にもあげればいいのに…」

ここでギャル曽根は「しょう油ってありますか?」と店員に問い掛けた。VTRを見ていた有吉弘行は「出た! また…」と口に。ギャル曽根は丼にのっていた5つの卵黄としょう油を合わせ、卵かけご飯に。これを快調に胃に流し込み、39分22秒で見事に完食した。一方、別途コーラを注文し、胃に刺激を与えようとした山崎氏らは完食を逃した。

この日は2本目の撮影で制限時間を10分余して完食。完食後に自腹で親子丼を食べていた。視聴者からはギャル曽根の変わらぬ大食いっぷりを称える声が出ている。

《早く食べ終わったからって、自腹で親子丼追加とか、すごーい》
《3.8Kgのほうとう完食して、その後に親子丼を喰うか。ギャル曽根、怪物だな》

一方、突然しょう油で味に変化をつけたギャル曽根にはクレームも。

《ギャル曽根は毎回自分特別ルールなんだな(他の人にも醤油あげればいいのに)》
《有吉ゼミの大食いでまたギャル曽根が追加醤油してる》
《ギャル曽根の味変は浮気と同じやな》

「きれいに食べていて素敵」との声もあったが、この日もアンチからのブーイングは相変わらずだった。

 

【あわせて読みたい】