コロッケの“壊れた米津玄師モノマネ”に批判続出「もはや老害だ」

米津玄師 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

12月17日に『ものまねグランプリ2019冬』(日本テレビ系)が放送され、モノマネ芸人が3時間にわたって〝技〟を競った。このうち、大御所のコロッケは米津玄師のモノマネを披露したのだが「そもそもものまねする気がない」などと批判が殺到。「もう、ものまね番組に出るべきではない」との声も相次いでいる。

コロッケは1回戦のAブロックで山寺宏一、西尾夕紀、『四千頭身』と対決。「ものまねに関してはまだまだ俺は負けないよ」と意気込んだコロッケは「AI米津玄師」として、米津のものまねをすると宣言した。

インタビューで「ロボットというより、アンドロイドの動きと思っていただいた方がいい」と答えたコロッケは、ヒット曲『Lemon』に合わせてアンドロイドの動きを披露すると明かした。

 

変顔連発「無理して若い子のまねをしても…」

米津さながらの長髪のウイッグを着けて登場したコロッケは最初、音程を合わせて歌っていたが、途中で歌詞に詰まり〝故障〟する演出をしてみせた。後ろに控えたダンサーから処置を施されたコロッケは変顔を次々と繰り出しながら復活。以降は時折、音程をずらしながら歌いきり、周囲から拍手を浴びていた。

この日は山寺宏一のものまねで有名なuiui先輩も米津の『馬と鹿』を披露し、視聴者からの反応は上々だった。一方、コロッケが米津をまねしたことには否定的な意見が続出。若者受けするものまねに寄せ過ぎるがあまり、コロッケ本来の良さが失われているとの指摘が相次いだ。

《コロッケってどこをどうモノマネしてんの?》
《コロッケ 老害に近いな 誰か面白くないって言ってやれよ》
《ネタとしてもおもんないし似てもないし一体何のためにやったのか……米津さんの人気に乗っかかりたかったのミエミエ》
《米津さんに失礼と思うより前に、コロッケとしてはお粗末な出来だった》
《何かおじさんが無理してリズム取れないのに若い子の歌うたってる感じでいたたまれなくて》
《見逃したコロッケの米津玄師見てるけどものまねとは? もう時代に合わないんじゃない?》

往年のネタをアレンジしたコロッケだったが、若い視聴者には受け入れられなかったようだ。

 

【あわせて読みたい】