ブルゾンちえみ“ヤル気ゼロ”に「まるでお地蔵さん…」呆れ声が噴出!

ブルゾンちえみ 

(C)まいじつ 

お笑いタレントのブルゾンちえみが、12月15日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。毎度、レギュラーメンバーのような頻度で登場しているブルゾンだが、その〝無能〟さに呆れている視聴者が多いようだ。

この日の放送ではウエートリフティング選手の八木かなえや、女優の橋本愛といったノリに乗っている著名人が多く出演。「祝・初MC!世界の渡部があなたの願いかなえます!」というテーマのもと、MCを務める『アンジャッシュ』渡部建が出演者の願いを次々とかなえていった。

そんな中、完全に置いてけぼりを食ってしまったのがブルゾン。『バイきんぐ』小峠英二が頭の上にニンジンを乗せてミニチュアホースに食べさせようと身体を張ったり、東野幸治が場をぐいぐいとリードする中、1人無言を貫いていった。その姿は凄まじく、出演陣の後方で地蔵のように固まり、気の利いた発言をする素振りすら見せなかった。

 

ようやく発言したと思ったら…

そんなブルゾンがようやく重たい腰を上げたのは、和菓子専門店『くろぎ』のわらび餅を試食したシーン。しかし、1時間の放送の中での発言は、「私たちが普段食べているわらび餅は何パーなんですか?」と、わらび粉の含有量を訊ね、実食した名店の味を「この世にちょうどのモノがない!」「似てるモノがない!」と自慢げに語りだした試食シーンのみだった。

独特過ぎる上に中身のない食レポに共演者も困り果てたのか、あっさりとスルーされたのが印象的だったこのくだり。完全にお荷物と化しているブルゾンに対し、視聴者からは、

《マジで何のために出てるのコイツ》
《そこらへんの子役でももっとマシなこと言えそう》
《共演者ですら持て余してるのが伝わってくるわ》
《この程度のコメントしかできないのにレギュラー面できるのはすごい》

などといったストレートな意見が多数上がっている。

「『芸人らしいことを一切言わない』『的確なコメントや専門知識が必要な発言を見せない』として数々の出演番組で醜態を見せてきたブルゾンですが、とうとう番組内での発言回数すら激減してきたようです。12月22日放送の『行列――』には出演しないようですが、今回の放送での〝地蔵っぷり〟が原因で、メディア露出はさらに減っていくのではないでしょうか」(芸能記者)

果たして来年、テレビでブルゾンの姿を見ることはできるのだろうか…。

 

【あわせて読みたい】