人気モデル・ラブリの“クセ強過ぎる字”に仰天!「読むの苦労した」

(C)Master1305 / Shutterstock 

ファッションモデルのラブリ(白濱イズミ)が12月15日、自身のインスタグラムを更新。11月に結婚した映像作家の米倉強太氏への〝ラブレター〟を公開したところ、ネット上では、その〝独特な字〟が話題になっているようだ。

愛媛県松山市出身のラブリは今月20日から、地元の名所・道後温泉にて開催されている「道後アート」プロジェクトに参加。「ラブレター」をテーマに「目で、耳で、触って読む」をキーワードに五感で感じられる作品を展示しているようで、後に一般公募で選ばれた作品も街に追加展示されるとのこと。開催に先だって公開されたインスタでは、《まず私から》と、夫・米倉氏へ向けた自筆のラブレターを披露した。

「ごうた君へ」と始まったラブレターには、《いつも私が優しい気持ちで過ごせるように、私の事を自分の事のように考えてくれてありがとう。そして私の言葉を聞いてくれてありがとう》と感謝の気持ちをあらわにし、《毎日たくさん色んな事でキャッキャと笑わせてくれて私はとなりで『ああ、この人と居れて良かったなあ』と心でいつも思っています。ぷぷー》《私の結婚してくれてありがとう。すごくすごーく愛してるよ》(原文ママ)と、あらためて結婚への喜びをにじませている。

View this post on Instagram

訂正内容があったのでもう一度upします😂 道後温泉で今月20日から開催される「ラブレター展」ではみなさんのラブレターも2年間募集しています。家族、恋人、友達、好きな人、みんなの言葉をお待ちしています! そして、載せてくれたラブレターの中から選ばれたものが作品として道後の街に展示されます❤️ 【投稿方法は自身のインスタアカウントにて、ラブレターを投稿→ハッシュタグ #dogo_loveletter と付けてください】 是非ご応募ください♡ @dogo_loveletter 期間限定特別アカウントにて随時配信していきます 道後を、ポワっとさせましょう ふふふ @dogo_loveletter #dogo_loveletter #私の結婚してくれてありがとうって間違えた

A post shared by loveli / 白濱イズミ (@loveli_official) on

 

「手書きフォントかと思った」

この投稿に、ファンからは、

《こんな寒い時期に心が温まる気持ちを分けてくれてありがとう》
《何度見てもきゅうん》
《言葉から愛があふれてる》
《字がかわいいね 愛だね》

などと、ラブリの言葉選びにほっこりしたとのコメントが寄せられている。一方、匿名掲示板ではラブリの独特な字に注目が集まったようで…。

《最初の『ごうた君へ』? すら読むの苦労した》
《字が下手で読みづらくて途中でやめた》
《手書きフォントかと思った》
《最低限まともな字を書こうや》
《文章も小学生が書く手紙みたいで読みづらい》

など、辛らつな声が続出してしまった。

「字が下手、もしくは独特過ぎるために世間を〝ガッカリ〟させてしまったのは、何もラブリだけではありません。これまでも、清純派な雰囲気で人気を集めている元『乃木坂46』西野七瀬や、女優の宮沢りえ、沢尻エリカなど挙げればキリがない。ラブリの独特な字は、ある意味〝作品として〟価値を見いだされているからいいものの、やはり読みにくいことには日常に支障が出てしまいそうです」(芸能ライター)

今後、ラブリの字が人気を集め〝ラブリフォント〟なるものが登場するかもしれない!?

 

【画像】

Master1305 / Shutterstock

【あわせて読みたい】