元『NMB48』山本彩“キャバ嬢風激変”にファン動揺「誰も望んでない…」

山本彩

(C)まいじつ

昨年11月にアイドルグループ『NMB48』を卒業し、現在はソロアーティストとして活躍する山本彩。その変貌ぶりが、かつてのファンを動揺させているようだ。

『NMB48』加入前からバンドを組み、メジャーデビューも果たしていた山本。その歌唱力や作詞・作曲能力はファンから絶賛されており、ソロ活動後のシングルCDは3作連続でオリコントップ10入りするなど、なかなか好調。2020年には全国16都市20公演を回るホールツアーを開催し、チケットの値段は7150円(税込み)と、ソロ活動の実績を考えれば強気の設定だ。

「山本はソロアーティストになってから、クールでボーイッシュな風貌へと変わり、アーティスト色を強めています。アイドルの彼女を応援していたファンからは、戸惑う声も聞こえていますね」(芸能記者)

 

「何でこうなっちゃったん?」

そんな中でも、最近公開された山本の写真が衝撃的だったという。

「派手なブロンドヘアーに、かなり濃いめのアイメーク。どこぞの海外アーティストのような雰囲気を醸し出しています。山本としては〝理想〟に近づいているのかもしれませんが、ファンは納得いっていないようですよ」(同・記者)

実際、ネット上では、

《この彩ちゃんなんかケバいww 最近メーク変えた?》
《キャバ嬢みてえだな笑》
《NMB時代のファンが無理して応援してんのほんと草》
《元NMB山本彩さん、誰も求めてない路線を突き進んでしまう》
《もともとこの路線で鳴かず飛ばずでアイドルで再デビューしたんやろ》
《顔は美形なのに何でこうなっちゃったん?》

などといった声が上がっている。

「山本が憧れているのは、アヴリル・ラヴィーンやYUI、テイラー・スウィフトなど。また、『DIR EN GREY』『Alice Nine』といったハードロックも好んでいるようです。アイドル時代の曲とは正反対で、今はその反動がきているのでしょう」(前出の芸能記者)

『AKB』グループを卒業してソロで成功を収めている人は、残念ながらほとんどいない。山本が道を切り開くことに期待したいものだ。

 

【あわせて読みたい】