『グランメゾン東京』木村拓哉の“泡吐き演技”に「汚ねえええ」の絶叫声

グランメゾン東京 

画/クロキタダユキ  (C)まいじつ 

12月15日、木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)の第9話が放送。木村が〝汚過ぎる振る舞い〟をして、大ヒンシュクを買っていた。

今作で木村が演じているのは、フランス料理のシェフ・尾花夏樹。3年前に自身がシェフを務めるレストランで、アレルギー食材混入事故が起こりすべてを失ったが、女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会うと、もう一度シェフとして生き直そうと決意。世界最高の三つ星レストランを作り上げることを目標とする。そのために最高のスタッフを集めようと、かつての仲間たちを当たっていくのだが…というストーリーだ。

第9話では、栞奈(中村アン)が「グランメゾン東京」を辞め、再びフードライターに戻ると言いだす。それと同時期に、店内で萌絵(吉谷彩子)がノロウイルスで突如倒れてしまった。

 

「キムタクのアドリブだったらドン引き」

相沢(及川光博)はそのときの栞奈の様子のおかしさに気付き、尾花や倫子、京野(沢村一樹)に、栞奈がウイルスを混入した可能性があると知らせた。

そんな中、尾花は栞奈とともに、ワイン農場の見学へ向かうことに。京野から「一応、気を付けてな」と心配された尾花は、「殺されちゃうかもしれない」とおどけるのだった。

このとき尾花は歯磨きの途中で、口から泡立った液を垂れ流しながらセリフを放ったのだが、これに視聴者からは、

《汚ねえええええええ》
《キムタク、きたねっww》
《尾花きたねーな!》
《何今の!!きったねーー さすがに無理》
《今の歯磨き粉ブワッは汚い マジでない》
《歯磨き粉アドリブだったらドン引き》

などといった非難の声が続出することに。

尾花のクセの強い挙動は、木村のアドリブが多いというが、果たしてこのシーンは…。

 

【あわせて読みたい】