木村拓哉の“バイク姿”に広がる波紋…「上げ底靴は危険」「いかにも素人」

木村拓哉 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

木村拓哉が主演中のドラマ『グランメゾン東京』で披露した〝バイク乗り〟が、凄まじい波紋を広げている。先ごろ本サイトにて、木村がバイクに乗るシーンの〝違和感〟を報じたところ、ネット上で「同調」の声が続出。

《確かにいかにも素人乗り》
《ビビリ感ありありだな》
《やっぱ右足がついてないのがなぁ…》

など、痛いところを〝総口撃〟されてしまった。

「木村は12月8日放送の第8話で、ハーレー社のミドルクラスとみられるバイクに乗って登場。一瞬でしたが、横倒しに左側にコーナーリングし、カッコよく去っていくシーンが印象的でした」(テレビ誌ライター)

ここに、多くのバイク乗りが気付いてしまった。

「木村は大型免許取得後、ハーレーの『IRON1200』というバイクを買ったといいます。ドラマで乗っていたのも自前のものかもしれません。いわゆるハーレーでも取り回しが楽で、初心者向け。とはいえ1200ccですから、国産の大型バイクと比べても大きいことに変わりありません。にもかかわらず、倒し込んで颯爽と曲がっていったのは、かなりダサかったですね」(バイク誌ライター)

 

上げ底ならぬ“アンコ抜き”?

本サイトが報じたこの一瞬のシーンがネット上で繰り返し再生されると、「こんな倒し込みするかよ」などといった声が相次いだ。

「本来、ハーレーといえば1500CC以上ですから、重くて倒し込むと転倒してしまうのが怖い。木村はミドルクラスとはいえ、左右確認でゆっくり曲がるべきところを、カッコつけで倒し込んだのでしょう」(同・ライター)

しかも木村は左側に重心を置き、右側に足がついていなかった。この止まり方は教習所でも教えるが…。

「ドラマで使われたバイクが『IRON1200』だったとしたら、シート高は約69センチで、身長165センチ以上の人間なら両足がつきます。だから驚きなのですよ。バイクの場合、足が届かないからといって〝シークレーット系〟の靴は危険です。爪先が厚いとギアチェンジがスムーズにできませんし、カカトが厚いと今度はブレーキが踏みにくい。もしかしたら〝アンコ抜き〟シートにしたのかもしれませんね」(同)

一流の料理人なら、いつ何時どんなタイミングで珍しい食材と出会っても対処できるよう、クーラーバッグを積んだスーパーカブに乗るべきだろう。

 

【あわせて読みたい】