“埼玉貧乳説”をひっくり返した現役JK・桜田愛音のG級ボディーに歓喜!

都道府県別のバストサイズが全国唯一のAカップであることから、2010年代前半に提唱された〝埼玉貧乳説〟。しかし今年、そんな定説を覆す、埼玉出身のGカップ現役女子高生がデビューした。

彼女の名前は桜田愛音(あのん)。21世紀初年度の2001年生まれで、デビューは令和という時代の節目と縁のある女子高生だ。

まだあどけなさが残る純朴なルックスと、健康的でスラリとしたプロポーションが魅力的な桜田。しかし、バストサイズは88センチのGカップと、純朴な顔や健康的なスレンダーボディーに見合わない凄まじいモノを持っている。

業界がこの逸材を見逃すはずがなく、9月末には美少女の登竜門として名高い『HR(ホームルーム)』シリーズから、ファーストDVD『HR-日直 桜田愛音-』をリリース。記念すべきグラビアデビューを果たし、そのポテンシャルの高さから、

《高校生とは思えないほどのセクシーダイナマイトボディー》
《きれいな人ってイメージだったけど かわいいところがあって良かったです》
《かわいいしスタイル最高!》
《前から知ってるのに こんなにスタイルよかったんだって はじめて知った》
《めっちゃかわいくてスタイルも良いJK》

などと、大好評を博した。

 

タピオカ好きなJKらしい一面も

また、グラビアだけでなく、女優として活動する一面も持っている。この冬は舞台『ラスト…スタント’19』で初舞台を踏み、12月4日から8日にかけ連日にわたって熱演。稽古の日々には忙しい学業の合間を縫って臨み、公演後にはツイッター・インスタグラムで感謝を爆発させた。

舞台にグラビアに活躍する桜田だが、現役の女子高生とあって、SNSでは頻繁にかわいらしい投稿が。インスタグラムの投稿は愛犬、携帯ゲーム、スイーツなどが多く、タピオカドリンクは特に多く登場している。

https://www.instagram.com/p/BuymUnlgTr5/

「まだDVDは1枚しか出していませんが、その1枚で素質は十分に現れている。年齢的にもこれからどんどん美人になっていくでしょうし、今後が楽しみなグラドルの1人ですね。今は純朴さと巨乳のギャップが売りですが、高校卒業、20代突入と成長するにつれ、雰囲気も大人の色気をまとっていくでしょう」(グラビア誌ライター)

21世紀生まれとして令和を支える、新時代の到来にふさわしい存在になることを期待しよう!

 

【画像】

DKai / Shutterstock

【あわせて読みたい】