あびる優の夫が語った“離婚理由”に衝撃の声…「木下優樹菜に匹敵!」

あびる優 

(C)まいじつ 

タレントのあびる優と離婚した格闘家の才賀紀左衛門が、ネットメディア『AERAdot.』の取材に応じ、離婚の理由について語った。

2人は去る12月14日、それぞれのインスタグラムで離婚を報告していたが、あびるがあたかも自分に親権があるような発言をしていたことで、才賀があらためてそれを否定する事態に発展していた。

「離婚理由についてはさまざまな憶測が流れていましたが、今回、才賀が取材に応じ、あびるの〝夜遊び〟が原因だったことがハッキリしました。また、あびるが同じ事務所の和田アキ子に『離婚届が提出されていることを知らなかった』としゃべっていたことも〝嘘〟だったことが分かりましたね。才賀はあびるから『私を神様のように扱わないと親権はあげない』などと脅迫めいたことも言われており、相当、怒りをためていたようです。メディアの取材に応じたのも、あびるを許せない気持ちが爆発した結果でしょう」(芸能記者)

同記事によれば、あびるは少なくとも週に2、3日、多いときは5日連続で飲み歩いていたといい、今年の4月には3歳の娘を連れて夜遅くに飲みに出掛けることもあったという。たまりかねた才賀が『自宅に戻ってこい』と連絡すると、いったん自宅に戻り娘を残してから、また飲みに出掛けていったというから、もはや呆れるしかない。

 

擁護の声ゼロの最悪な育児環境

ネット上では、

《うわー、ホント最悪。そもそも3歳の子供を連れて飲みに行くなよ!》
《母親の自覚一切ないね。ちょっと信じられない》
《旦那さんよく我慢したなー。母親になる資格一切ないよ》
《子供が生まれる前から飲み歩いてたんでしょ。もはやアル中なんだろうな》
《ただのアル中だろ。病院に行った方がいい》

など、非難の声が嵐のように吹き荒れている。

「才賀はあびるが酒を断てば一緒に娘を育てていきたいと発言していますが、おそらく無理でしょうね。あびるの酒好きは芸能界でも有名で、時には仲のいい友人がたしなめることもあったといいますが、本人は全く耳を貸すことはありませんでした。子供が生まれたら育児に精を出すと思っていましたが、ここまでヒドいとは思いませんでしたね。やんちゃなキャラクターもあびるのウリでしたが、今回の離婚騒動で、もはやイメージは最悪です。しばらくは仕事も激減すると思いますよ」(前出の芸能記者)

ネット民からは「〝タピ喝〟で消えた木下優樹菜に匹敵するヒドさ」と断言する声も上がっており、あびるのファンからも擁護の声は一切聞こえない。

まずは大好きな酒を断って、母親としての自覚を持つことから始めないと、ドン引きしたファンも戻ってくることはなさそうだ。

 

【あわせて読みたい】