『嵐』の世界進出に暗雲!? 『Netflix』配信にファン落胆の理由とは

嵐 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

動画配信サービス『Netflix』が、ジャニーズ事務所の人気アイドル『嵐』のドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』を、来る12月31日17時から独占配信することが分かった。

同番組は「嵐」の活動休止となる来年、2020年12月31日までの姿を追うドキュメンタリーで、1年にわたり毎月不定期に配信するという。

番組の放送に先立って、嵐のツイッターでは予告動画が公開され、ファンからは、

《楽しみにしています! Netflix入会しなくちゃ》
《インタビューもあるみたいだし、今から楽しみ。1年間ずっと楽しめそう》
《いよいよ世界進出ですね。世界190カ国で公開とかスゴイわ》

など、歓喜の声が殺到している。

「ジャニー喜多川氏が存命のときは考えられなかったインターネットへの進出ですが、さすがに今の時代、無視するわけにはいきません。日本国内では圧倒的な人気を誇っているジャニーズですが、今後は世界規模での活躍を見据え、まずは嵐が先陣を切るということでしょう。しかし一方で、ろくに英語も話せず、〝ジャニオタ〟と呼ばれる熱狂的なファンしか相手にしてこなかったジャニタレにとっては、逆に厳しい現実を突き付けられる可能性もありますよ」(芸能記者)

 

ファンがまだまだアナログから抜けられない

実際、一部のファンからは、

《DVDの発売もお願いします!》
《Netflixは入会してないので、円盤発売して!》
《ネット配信だけじゃ、スマホ依存になっちゃう。そんな生活嫌だ~》
《DVDを永久保存版として保管したい。配信だけじゃなくぜひ円盤化を検討してください。お願いします》

などと、何ともアナログ感覚満載の声も上がっている。

「結局、いくら世界を見据えようが、ファンはいつまでも古典的。中には動画配信の鑑賞方法すら知らない人もいて、今では絶滅寸前のDVD化をわざわざ期待する始末。世界190カ国同時配信をうたってはいますが、視聴者は日本とごく一部のアジア圏の人たちだけでしょう。もっともNetflixは、地上波と違い莫大な制作予算を投入することでも知られていますから、クオリティーはかなり期待できそうです」(前出の芸能記者)

Netflixの動画配信といえば、今年、山田孝之主演の『全裸監督』が大ヒットし、大きな話題になった。まさかのAV監督ドラマにも驚かされたが、「嵐」の登場もインパクトはかなり大きい。

果たして全裸監督並みの大ヒットになるか。放送を楽しみに待ちたい。

 

【あわせて読みたい】