令和元年のクリスマス『JACO Fes 2019 冬』が開催!

東京やんちゃボーイズ 

(C)まいじつ

2007年から08年にかけて、BSで放送された円谷プロダクション制作の特撮テレビドラマ『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』の主演などで知られる俳優の南翔太率いる俳優バンド『東京やんちゃボーイズ』が、クリスマスの12月25日と翌26日、新メンバーを加え4人組となって『JACO Fes 2019 冬 NO BRAVE NO LIFE』に帰ってくる。

テレビ朝日系人気ドラマ『特命係長 只野仁』シリーズを手掛けた秋山純監督が総合プロデュースを務め、秋山監督にゆかりあるクリエイター、俳優、アーティストが集結したパフォーマンスフェスティバル。9月に初開催され、今回は第2弾となる。

『東京やんちゃボーイズ』は初回で上演された映像&演劇の舞台「やんちゃでいこう!~旅立ち編~」から誕生したバンド。主演の南をリーダーに、出演俳優の松浦正太郎、橋谷拓玖に加え、前回はサポートメンバーだった俳優の宮下涼太も新たにドラムス担当として正式加入した。

各ジャコフェスステージのメイン舞台「~望郷編~」で再びオリジナルソング「やんちゃボーイズのテーマ」を披露する。さらに、前回のレギュラーメンバーに加え、今作では、映画『アウトレイジ 最終章』などで知られる俳優のヒロホンダ、主演映画『幻肢』などで知られる吉木遼、ピン芸人のムートン伊藤ら多彩なゲストも顔をそろえ、劇中では観客が勝敗予想する出演者総動員の〝生卓球合戦〟が実施される。

 

観客参加型のパフォーマンスが目白押し

フェス全体も第1弾から着実にパワーアップ。東京・渋谷区にある1階、地下1階の2フロアにわたるイベントスペース『OPENBASE SHIBUYA』のこけら落とし公演でもあり、音楽ライブ、演劇に加え、映像配信や、お笑いコント、トークショー、ゲームやダンス、目玉となる〝生卓球合戦〟など観客参加型の新感覚パフォーマンスが目白押しとなっている。

「~望郷編~」の主演、「~やんちゃボーイズ」リーダーにして、西尾幡豆名義で演出も務める南翔太は「参加する1人1人が体当たりで全力で挑みます!! 新たに強力なゲストが加わり、ご来場いただいた方に『とにかくすごかったね』と言っていただける『JACO Fes』にします!! 冬の熱いお祭りを是非お楽しみに!!! 1人1人の生き様を見てください」と呼び掛けている。

なお、チケット購入などの詳細はホームページまで

 

【あわせて読みたい】