水野美紀“完脱ぎ”映画『恋の罪』~圧巻の上下オールフルオープン!

恋の罪 

作品目『恋の罪』

日活 2011年 DVD発売中
監督/園子温
出演/水野美紀、神楽坂恵、富樫真、児嶋一哉、津田寛治ほか

現在放映中のNHK朝ドラ『スカーレット』で、ヒロインの戸田恵梨香にからむ役で、意外や意外のコメディエンヌぶりを発揮している水野美紀だが、10年近く前に衝撃のヘアヌード映画に出ていたことを思い出す。その年のカンヌ映画祭「監督週間」部門でも公式上映され、作品の衝撃的内容に加えて水野のフルヌードに観客の目がくぎ付けになったともっぱらだった。

1990年代の東京・渋谷のラブホテル街に建つ木造アパートの一室で、無残に殺された女性の遺体が発見される。事件を追う女性刑事・和子(水野美紀)は、ある女性助教授(富樫真)や主婦(神楽坂恵)のセックスと狂気に関する秘密を知ることとなるが…。

実際に起こった殺人事件をモチーフにしており、水野は夫以外の男とズブズブの不倫女刑事という役柄で、アクションもできる美人女優として知られた彼女が単なる〝完脱ぎ〟で終わらず、黒々としたアンダーヘアもさらしてくれるのだからタマラナイ。冒頭間もなくラブホテルのシャワー室のガラス越しに、バック・スタイルで男に激しく突き上げられた水野が喘ぐ。すでに絶頂も近いその刹那、無粋なケータイの呼び出し音が響く。慌ててシャワー室から出て取ろうとする水野の裸体は、まさに壮観の一語だった。鍛え上げられたスレンダーボディー、おっぱいは大きからず小さ過ぎず、理想の美乳と言える。もちろん乳輪、乳首フルオープン。味付け海苔形の黒々ヘアもバッチリ。水野の不退転の決意を感じた。

 

3女優のヘアヌードバトル

撮影時、彼女は「園監督作品では身も心も裸になってぶつからないとダメです。『じゃ、行きますか』みたいな感じで脱ぎました。大騒ぎするほどのことじゃありません」ときっぱり。見事な女優根性だ。優しい夫とかわいい子供もいながら〝不倫地獄〟にハマっているこのヒロインは、殺人事件現場の一室に横たわり、事件を熟考する。そこに不倫相手から電話があり、ねちっこい言葉責めを受けるのだ。「私は変態です、と言ってみろ」と強要され、少し逡巡するが、「私は変態です…」と答えてしまう。さらには「そこでオナニーしろ」と要求はエスカレート。衣服の上から股間を指でまさぐり、十分感じて昇り詰めようとする水野に、廃屋同然の部屋の激しい雨漏りが、彼女を罰するかのように顔を体を容赦なく何度も何度もたたくという名シーンが印象的だ。

ヘアヌードといえば、共演女優の神楽坂、富樫も負けじと披露し、3女優のヘアヌード・バトルが見どころ。これはかなりスゴ過ぎる逸品だ。

(映画評論家・秋本鉄次)

 

【画像】

xiuren..Click.Here…FREE / Shutterstock

【あわせて読みたい】