錦戸亮「ソロ1位」獲得で加速する“あの男”とのデュオ結成!

錦戸亮 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

元『関ジャニ∞』のメンバーで、ソロ歌手として活動をスタートさせた錦戸亮のアルバム『NOMAD』が、オリコンの週間アルバムランキングで初登場1位を獲得した。この成功に音楽界では〝大物デュオ〟結成への期待も高まっている。

錦戸は発売初週に約7.6万枚を売り上げ、堂々の1位となった。ある音楽関係者は「11月から行っていたツアーでも、しっかりとした音楽を作っていると好評だったので、それなりに枚数はいくだろうと言われていましたが、この枚数はさすが。人気もさることながら音楽性も認められたということでしょう」と評価する。

 

赤西軍団から共同プロジェクトへ昇華

このヒットでソロシンガーとしての道筋も見えてきた錦戸。これで、がぜん注目が集まるのは元『KAT‐TUN』赤西仁とのデュオ結成だ。赤西と錦戸はジャニーズ在籍時代から〝赤西軍団〟といわれるほど仲が良い。先日は2020年から共同プロジェクト『N/A』をスタートさせることを発表。公式サイトがオープンし、「契約合意書」までも公開された。

「活動の第1弾として初ライブをハワイで開催することは決定しましたが、この中で期待されているのが赤西とのデュオ結成です。そもそも、この2人は『赤西軍団』でもつるんでいたように、持っている世界観が似ているし、音楽的にも近いものがある。ともにジャニーズを辞めてからも人気が高いし、音楽界の活性化のためにもデュオ結成を見てみたいという業界人は多いですね。それに、確実に枚数が読めますからね。展開次第では契約を狙っているレコード会社の関係者も少なくないようです」(同・関係者)

ともにグループ在籍時代には、人気でもトップを走ってきた2人。来年の2人の活動から目が離せない。

 

【あわせて読みたい】