橋本環奈と土屋太鳳が“ゆっさゆっさ” 2019年のピンクなCM大賞はコレ!

橋本環奈 

(C)まいじつ 

胸に響くモノから炎上してしまったモノまで、今年もさまざまなCMが放送されていった広告業界。今年放送されたCMの中でも、特に「エロい」と評判だった作品を紹介していこう。

2月25日に公開されたのは、女優・橋本環奈が出演する保険会社『アフラック』の新CM。CM内の橋本は『健康応援医療保険』という商品名にちなんでチアガール風の衣装を着用したが、胸元にプリントされた星マークが歪んで見えるほど胸が張っていたため、ネット上では、

《何だこのおっぱいはけしからん》
《パッツパツになってる…》
《乳すげーな》

などと、橋本の巨乳ぶりに注目が集まった。

その翌月に密かな話題となったのは、川口春奈が出演するヘアケアブランド『いち髪』の新CM。胸から上しか映っていないものの、裸の川口が同ブランドのシャンプーをしながらシャワーを浴び、バンザイ姿でワキをチラ見せする映像は、妄想力が盛んな男性視聴者から、

《あんまり露出し過ぎないところがチラリズムみたいで逆にエロい》
《正直えっちだなって思った》

など、好評を博した。

 

わずかなシーンでもエロさを感じることができる!?

下半期注目のエロCMは、ムチムチとしたハレンチ体型で大人気の女優・土屋太鳳。土屋は10月から『西武鉄道』の広告に起用され、CM内で小走りしたところ、ファンから〝太鳳パイ〟の愛称で親しまれている自慢の巨乳も小刻みに揺れていった。

CM終盤では、小江戸の町をスキップで歩き出し、太鳳パイの揺れはさらに堪能できるように。狙っての演出なのか〝巨乳〟がゆえに生まれた奇跡なのかは分からないが、やはり胸が大きいことがうかがえる映像になっている。いずれも時間にするとわずかな上、直接的なエロさもないが、自慢のバストは相変わらず健在だと言えるようだ。

「年の瀬も迫った11月には、元TBSアナウンサー・宇垣美里が出演する、男性をターゲットにした衣類用香料のCMも話題になりました。同CMは、二の腕やワキを露出した〝エロ女上司〟風の宇垣が雨の中、相合い傘を求めてきたりと、バーチャルデートのように視聴者をドキドキさせるCM。劇中で宇垣は『悪くないと思うよ…その香り』などと製品の売りをアピールするのですが、『しよう!』『入れて~!』といった思わせぶりなセリフが、『卑猥』『アレを連想する』などと物議を醸しましたね」(芸能ライター)

全年齢が見るというCMの特性上、あまりにストレートな表現は避けるべきだが、視聴者側が「妄想力を働かせ過ぎ」な事例も多いようだ。

 

【あわせて読みたい】