イライラ爆発!? 「買うのやめようかな…」2019年“不快CM”大賞はコレ!

藤本敏史  木下優樹菜 

(C)まいじつ 

今年もさまざまなCMが放送されたが、そんな中でも、特に視聴者からの反応が悪かった作品を紹介していこう。

まず紹介するのは、お笑いタレント・渡辺直美と女優・有村架純が出演した、スキンケアブランド『SK-Ⅱ』のCM。「すっぴん素肌トーク」シリーズとして計3本が公開されたのだが、第2弾の〝有村にメーク落としを促された渡辺が「CMみたいに水をバッシャーンとスローモーションでやってみたいんだよねー」と両手で水を顔にぶっかけ、勢いよく水を飲んでむせ込む〟というオチは、

《汚過ぎて本当に嫌悪感しかない》
《めっちゃ気持ち悪くなるからすぐさま変えてほしい》
《次買うのやめようかなって思うレベル。汚いし不快》

など、視聴者の不快感を招いてしまった。

4月29日には、前日付で『HKT48』を卒業した指原莉乃出演のCMが全国でオンエア開始。花王のヘアスタイリングブランド『リーゼ』のイメージキャラクターとして、同製品を駆使する〝イイ女〟役を演じたが、ネット上では、前年までCM出演していた石原さとみと比較し、

《石原さとみの方が良かった》
《美人度が違い過ぎる》
《石原さとみはいい女だけど指原は…》

などの意見が続出してしまった。

 

批判とは無関係ながら放送中止になったアノCM

今年のお騒がせ芸能人上位である木下優樹菜・藤本敏史夫妻も、出演CMが不評を買っていたタレントだ。

2人は2月末から、台所用洗剤『ジョイ』のCMにそろって出演。内容は、食器洗いをしようとする藤本を見ながら、木下がうれしそうに、「ジョイに替えてから、パパが変わった」と心の中でつぶやくところから始まる。

藤本がジョイを手にすると、木下は「来るわ…、来るわ…」と何かを期待し、次の瞬間、藤本が彫りの深いイケメンにチェンジ。木下はイケメン化した藤本を見つめ、「食器もパパも輝き過ぎ!」と思わずキスを迫るが、キス寸前で藤本の顔が元に戻り、「うわっ」とのけぞってキスをやめるというオチだ。

しかし、まるで藤本がブサイクだと揶揄するかのようなこの内容は、ネット上で、

《結婚相手として選ばれたフジモンにも、結婚相手として選んだユッキーナにもクソ失礼では?》
《フジモンかわいそう》
《出演者全員に失礼過ぎて腹立つ》

などと、物議を醸すことになってしまった。

「同CMは、木下の〝タピオカドリンク店脅迫事件〟により、公式サイトのCMギャラリーから削除されてしまいました。どうやら、事件によるイメージダウンを危惧した企業側が、藤本・木下側に契約解除を申し出たようです。内容への批判ではなく不祥事が原因ではありますが、放送中止になって視聴者も喜んだことでしょう」(芸能ライター)

イライラさせても、記憶に残ったもの勝ち?

 

【あわせて読みたい】