『LUNA SEA』河村隆一の“ビジュアル”に仰天!「全盛期並みだ!」

LUNA SEA  河村隆一 

(C)まいじつ 

12月21、22日にロックバンド『LUNA SEA』がさいたまスーパーアリーナで2DAYSライブ「LUNATIC X‘MAS 2019」を公演。会場満員となる計3万人を動員した。

このリポートが各スポーツ紙に取り上げられると、ネット上ではボーカル・RYUICHI(河村隆一)の姿が話題となった。

5月に結成30周年を迎え、ライブやメディア出演など、30周年イヤーを盛大に盛り上げている『LUNA SEA』。今回のライブでは、ヒット曲の『ROSIER』『I for You』をはじめ、12月に発売したばかりの2年ぶりのアルバム『CROSS』の収録曲も披露と、過去と現在がミックスしたセットリストを作り上げた。

 

ルックスだけではなく歌唱力も

このライブリポートを報じたスポーツ紙は多く、一般層にも広くその様子が知れわたることに。すると、記事に添えられたRYUICHIのライブ写真に対して、

《河村隆一イケメンやん》
《全盛期並みに持ち直してる!すごい努力!》
《ビジュアルも結構戻してきたよなぁ。年齢から言っても素直にスゴいわ》
《むちゃくちゃカッコいい。自分もこんな50代になりたい》

など、驚きながらビジュアルを称える声が続出している。

「今年49歳となったRYUICHIですが、見た目もさることながら、歌唱力も増すばかり。1月に肺腺がんの手術を受けたことを公表し、10月2日には声帯にできたポリープを切除。術後約1週間は筆談で過ごすという生活も送ったようです。ボーカリストとしてはかなり心配な病状でしたが、何と同月14日にライブを敢行。全く衰えていない歌声に、多くのファンが感動していました」(芸能記者)

2020年2月からは、4カ月をかけて全国13都市(26公演)を巡るホールツアー開催する。RYUICHI の40代最後となる『LUNA SEA』のツアーになりそうだが、まだまだファンを楽しませ続けてくれそうだ。

 

【あわせて読みたい】