上沼恵美子が『ミキ』を酷評!? 今年のM-1総括に「言い得て妙!」

上沼恵美子 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

タレントの上沼恵美子が12月23日、ラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)に出演。前日22日に放送された〝漫才日本一〟を決める大会『M-1グランプリ2019』で15代目王者に輝いた『ミルクボーイ』を絶賛したところ、その裏で〝あるコンビ〟が批判されているとネット上で話題になっている。

今年の「M-1」優勝者は、大阪芸人『ミルクボーイ』。ファーストラウンドでは史上最高得点の681点/700点で1位通過し、上位3組によるファイナルラウンドでは6票/7票を獲得し、見事王者に輝いた。

歯に衣着せぬ〝辛口〟な物言いに定評のある上沼だが、番組内で「ミルクボーイ」の漫才に対して「一番笑いました」「ネタのセンスが抜群」「この角度のセンスを持ってくるとは考えられない顔立ち」「すごい垢ぬけてる」「新しい」などと大絶賛。翌日のラジオでも興奮冷めやらぬ様子で、「久しぶりに天才を見た」「人のセンスを欲しいって思ったことがないけど、ああいうセンスが欲しいと思った」と称賛の言葉が止まらない。

 

お兄ちゃんスタイル全否定

そして、今年の「M-1」全出場者について〝粒ぞろい〟と評し、「ものすごく例えが失礼なんですけど、昨年までは〝鶏の決闘〟みたいな、そんな漫才がほとんどでしたね。早口で奇声上げてみたいなのばっかりで、耳が痛かったし飽きてきた。でも、今回はちゃんとした寄席を見に行っている気持ちになった」と、昨年と比較しつつ、今年のレベルの高さに称賛を重ねるのだった。

「去年の出場者の中で〝早口で奇声を上げる〟芸人といえば、大阪の兄弟漫才『ミキ』でしょう。他にもしゃべくり漫才をするコンビは大勢いますが、『ミキ』の〝けたたましさ〟はケタ違い。ネット上では《ミキってうるさいだけなのに何で人気あるの?》《大声出せばいいってものじゃない》などと、嫌悪する声が相次いでいました。そんなヘイトをためにためた『ミキ』はバラエティー番組でうるさいキャラとして開き直り、イジられ役になることも少なくありません」(芸能ライター)

ネット上では、上沼の〝鶏の決闘〟発言に対し、

《ミキぶっ刺さりやん》
《去年ってそんなピーチクパーチクしてるのいたっけか? ミキぐらいしか思い付かない》
《鶏の決闘は言い得て妙》
《まんまミキやんけ》
《ミキさんdisられる》

などと、もはや〝満場一致〟で「ミキ」を指しているのではとの指摘が続々と上がっている。

「しかし上沼は、昨年、一昨年と、『M-1』に出場したミキに対して、自身の最高得点を与えています。特に昨年は、松本人志や立川志らくらが80点台をミキに付ける中、自身は98点を付けて大絶賛。根本的にはミキの漫才を嫌っているわけではないようですが、今年の『ミルクボーイ』のしっかりとした発声による〝聞かせる〟漫才を聞いて、目を覚ましたのかもしれませんね」(前出の芸能ライター)

上沼の評価は絶対評価ではなく、あくまで相対評価なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】