木村文乃が離婚!“兆候”出まくりだったインスタグラムの投稿内容

木村文乃

(C)まいじつ

女優の木村文乃が12月25日、自身のインスタグラムを更新。恒例になっている木村の手料理〝ふみ飯〟を披露した。

木村は、《おはようございます。かわいいお弁当箱をいただいたので使ってみました。この形すごく詰めやすくて 何よりかわいい…》なととコメント。細長い形の曲げわっぱの写真を添えた。

すると、ネット上には、

《相変わらず料理上手ですね。一度食べてみたい》
《盛り付けも器もすごくキレイ。おいしいんだろうなぁ》
《マジでこんな奥さんほしいわw 身体に良さそうな食べ物ばかり》
《こんなお弁当奥さんに作ってもらいたいわw》

など、大きな反響が寄せられた。

「料理上手として知られている木村は、たびたび〝ふみ飯〟を投稿していたのですが、つい先日までめっきり投稿が途切れていました。12月23日になって、約3カ月ぶりに料理写真を投稿すると、それから立て続けに3日連続で料理を披露。ネット上では、『いよいよ吹っ切れたな』などと話題になっていました」(芸能記者)

 

“ふみ飯”が木村の心理を映し出す

ネット民が「吹っ切れた」というのは、もちろん〝男〟のことに他ならない。木村はインスタグラムを更新した後の26日に、2016年に結婚した演技講師の男性と今年の夏ごろに離婚していたことを明らかにした。

「7月以降、料理の投稿がほとんどなかったのは、離婚していたからなのでしょう。木村のインスタグラムには毎回、『旦那さんがうらやましい』というファンからのレスが付くのが常。しかし、実際は離婚していたため、本人も気がとがめていたのでしょう。結婚前から相手の男性にメロメロだったという木村ですが、ようやくその呪縛から開放され、料理投稿を再開したようです」(同・記者)

女優が演出家や演技講師と恋に落ちてしまうのはよくあるケースだが、熱愛すればするほど冷めるのも早いという。ご多分に漏れず、木村も結局、約2年半で離婚となってしまった。

木村の所属事務所は離婚理由を「多忙による生活のすれ違い」としているが、それほど多忙なら、あれほど手の込んだ料理を夫に作ってやることはできなかったハズ。やはり、愛情が冷めてしまったというのが本当のところかもしれない。

 

【あわせて読みたい】