視聴者ドン引き…2019年“放送事故”3選!「コレ流しちゃダメだ…」

久本雅美

(C)まいじつ

テレビ放送で予期せぬ出来事が起きたとき、ネット上では〝放送事故だ!〟と大いに沸く。2019年に話題になった放送事故シーンを紹介しよう。

まずは〝久本雅美の録画リスト〟。

「19年3月29日放送の『ぴったんこカン・カンスペシャル』(TBS系)で、久本雅美の自宅が公開されました。ここで、普段何を見ているのかテレビ番組の録画リストを確認したところ、NHKの朝ドラから民放各局の連ドラ、スペシャルドラマといったドラマだらけのラインアップに紛れて、『続・人間革命』『100分de名著 法華経』の2つの番組が入っていました。久本といえば言わずと知れた新興宗教の信者で、芸能界の〝広告塔〟ともいわれる人物。そのため視聴者からは、『熱心な信者過ぎるwww』『これ一瞬とはいえ放送事故だろ…』などといった声が上がりました」(芸能記者)

 

あの『水ダウ』でも放送を見送ってしまう

続いては、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)での放送事故。何と、一般女性のパンツが丸見えになったという。

「7月3日の放送回、6時前のお天気コーナーで、渋谷のスクランブル交差点を映したところ、黒のワンピース姿の女性が画面右下に現れ、交差点内で大の字に寝そべるとそのまま大開脚。下着が丸見え状態のまま、マンぐり返しのポーズを披露しました。明らかにカメラの位置を把握しての行為と思われ、故意犯である可能性が高かった。近くで友人がワンセグでテレビ映像を見ながら、女性に指示していたと思われます」(同・記者)

最後は、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)。過激な内容で絶大な人気を誇っているが、そんな番組でも放送を見送るシーンがあった。

「6月12日放送回で、〝生放送中のロケにヤバい素人が乱入したときの対応力〟を調べるドッキリ企画を敢行。ここで登場したロケリポーター役の板東英二が、素人役の男性を険しい顔で押しのけた後、映像が切り替わることに。坂東のVTRを見る『ダウンタウン』らの様子だけがテレビで放送され、スタジオでは『いやだ…』『これ、流しちゃいけないやつでしょ』と、ドン引きの悲鳴が上がっていました。おそらく坂東が暴力を振るうなどをしたと予測されていましたね」(同)

放送事故こそテレビの醍醐味!? 来年もガン見して楽しもう!

 

【あわせて読みたい】