“活動家”ローラが寄付を呼び掛けるも呆れ声が…「お前は何をした?」

ローラ 

(C)まいじつ 

モデルでタレントのローラが1月6日、自身のインスタグラムを更新。オーストラリアで森林火災の被害が拡大していることを受けて寄付を呼び掛けたのだが、ネット上では〝またか〟などと揶揄する声が多く上がってしまった。

昨年9月ごろから、オーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州やビクトリア州で大規模な森林火災が続いている。出火原因は異常な高温と乾燥など異常気象によるものだとみられており、火災が発生しやすい状況が続いているだけに消火活動も難航している。焼失した面積はおよそ500万ヘクタール。地元メディアでは、「最大8000頭のコアラが4カ月以内に死んだ」などと報じられている。

そんな大規模火災を受けて、モデルの傍ら環境問題に取り組む活動家でもあるローラはインスタグラムを更新。《今、オーストラリアでは干ばつなどによる異常気象で大規模な山火事が起こっています》と情報を明示し、《この影響で野生動物の約5億匹が息を引き取り、NSWとクィーンランド州ではコアラの生息地の80%が焼失しました》などと、深刻な状況を説明した。そして《みんなで支えて助けあいましょう》として寄付を呼び掛け、自身のプロフィル欄にオーストラリア赤十字宛てのURLをリンクした。

View this post on Instagram

今オーストラリアでは干ばつなどによる異常気象で大規模な山火事が起こっています。シドニーでは今日気温が48.9度を記録しました。数ヶ月前におきたアマゾンの900,000㌶を超えて今オーストラリアでは5,000,000㌶以上が燃え続けています。この影響で野生動物の約5億匹が息を引き取り、NSWとクィーンランド州ではコアラの生息地の80%が焼失しました。この週末は各地で40度以上の熱波がさらに続くと言われています。 みんなで支えて助けあいましょう🙏;_; わたしのBioにも寄付先リンクを付けました。 @Wireswildliferescue @RedCrossAu @nswrfs @portmacquariekoalahospital

A post shared by 𝐑𝐎𝐋𝐀🇯🇵🇧🇩🇷🇺 (@rolaofficial) on

 

呼び掛けだけでは守れない

「インスタフォロワー約570万の影響力はダテではなく、『恥ずかしながら全く知らなかった』『コアラが苦しんでいて心が痛みます』などと、相次いで反響が上がっています。しかし、それと同時にこれまでのローラの〝言いっぱなし〟ぶりを目の当たりにしてきた一部の人たちからは呆れの声も…。何と言っても、ローラは犬猫の愛護を語り、動物全般の保護、あるいは象牙の密輸、さらに沖縄の基地移設問題などについても、自身のSNSを通じていっちょ噛みしてきました。一方で、ヴィーガン(菜食主義者)宣言をしたかと思えば、その数日後には堂々と友達と肉を食べるなど〝有言不実行〟を繰り返しているのです」(芸能ライター)

案の定、ネット上では今回のローラの発言に対して、

《提案するまでが仕事》
《まだ、収まってなかったのかよ…》
《まずはおまえが何かしたのかを書けよ》
《広く浅くどこにでも顔出すのな》
《助け合いましょうって具体的に何するの?》
《目指せグレタ》

などと、残念ながら呆れる声が続出している。

〝やらない善より、やる偽善〟は、ローラの座右の銘なのだろうか。

 

【あわせて読みたい】