西内まりや“YouTubeチャンネル”が悲惨…「登録者少な過ぎワロタ」

西内まりや

(C)まいじつ

昨年11月に開設された女優・西内まりやのYouTubeチャンネルが、苦戦を強いられているという。

現在も以前のオフィシャルチャンネルを残している西内だが、昨年11月、新たにチャンネルを開設。インスタグラムでは、《ご報告。あらためましてYouTube Channel開設しました!》と報告し、前チャンネルではオフショットや仕事の告知動画が多かったが、今回はメーク・ファッション系の動画をアップ。《メークやファッションを軸に今まで以上に深く一緒に楽しんでいけたらと!見てね》などと告知している。

アップされている動画は、年明け時点で全4本。再生数が最も多いのは12月1日に公開したメーク動画で、約24万再生が記録されている。チャンネル登録者は同時点で2.4万人。前チャンネルが4年間で約2.8万人の登録者を集めたことを考えると、まずまずの数字と言えるかもしれない。

 

再ブレークの道は遠く…

しかし、ファン以外の反応に目をやると、どうやら冷ややかな視線が向けられているよう。ネット上には、

《もはやあの人は今》
《YouTube始めたのに再生数と登録者が少な過ぎてワロタ》
《困ったら皆ユーチューバーなんですね》
《残念。金、、、ほしいんだろーなー》
《また何かやらかして干されるのかな?》
《投稿数の少なさ 現実的な… 》

など、冷静な意見が見受けられている。

「以前はフジテレビ〝月9〟主演やCDデビュー、映画の主演と大活躍していた西内でしたが、事務所独立トラブル以降、かつてのような露出はさっぱり。YouTubeに進出して食いぶちを維持するのは、同じく独立によりネットに活路を見いだした『新しい地図』に似たものがありますね。しかし西内の場合、前事務所スタッフを殴ったとのゴシップ記事が出たこともあり、第一線に復帰するには何かと悪いイメージも付いてしまっています。昨年来、公正取引委員会が芸能人の移籍トラブルを問題視しているため、復帰しやすい状況にあるのは間違いないのですが…」(芸能ライター)

直近にアップした動画は、約1カ月で2万再生。このまま尻すぼみとなってしまうのだろうか。

 

【あわせて読みたい】