小倉智昭ズレまくり!“ブラック企業”擁護で炎上「老害ぶりが光る」

小倉智昭 

(C)まいじつ 

2020年初の月曜日となった1月6日。この日を皮切りに、テレビ各局は年末年始の特番モードから通常運行に戻り始めた。さらに、各局のニュース番組が「退職代行サービス」をこぞって特集し、ネット上でも話題になっている。

「退職代行」とは、勤務先からの退職に関する一切の交渉を業者が引き受け、依頼者が職場とやり取りすることなく仕事を辞められるサービス。昨今、ネット上では大きな注目を集めており、利用者が〝仕事始め〟のタイミングに急増していることから、各局で同時に特集されることとなった。

中でも、1月7日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)は取材が丹念で、まさに仕事始めだった放送前日に、ともに退職代行を利用したという夫婦のインタビューを音声加工した上で放送。また、代行を請け負う法律事務所や代行を使われた企業のインタビューも放送し、辞める側と辞められる側、双方の立場に立ったVTRを流していった。

代行サービスを利用した夫婦は同じ職場に勤めており、夫はひどいときで1日20時間の長時間労働、妻は上司からのパワハラ・セクハラに悩まされていたとのこと。しかし、職場では辞意を伝えた社員が最後の月の給料を下げられた事例もあり、あらゆる手段で引き止めることが危惧されるため、「辞めるまで会社にも通達せずに、いい状態で辞めたかったんですよね」「最終手段…ワラにもすがる気持ちじゃないですけど…」と、代行サービスを選んだ胸中を明かしていった。

 

感覚の〝ズレ〟が生じたのは当然?

しかし、VTRが開けると、メインキャスターの小倉智昭は「これだと完全に辞める側が優位に立ってるっていう感じなんですが…」「経営サイドは大変ですよ、急に辞められたら」と苦い顔でコメント。その後、コメンテーターが利用者に理解を示す中でも1人だけ浮かない表情を続け、次のニュースに変わるまで不満気な様子を隠そうとしなかった。

すると、ネット上では小倉に対し、

《利用者が「ワラにもすがる気持ちで」って言ったの聞いてた?》
《使われた経営側こそ何でそうなったか考えるべきじゃない?》
《普通に直接辞意を伝えてもらえる良好な関係と社員の方を向いた経営・待遇をしていれば代行業者に依頼することはない》
《1人ブラック企業の経営者を擁護してた小倉さんの老害ぶりが光るワンシーンとなった》
《小倉智昭氏に漂う、ブラック上司感》
《とくダネは司会者が退職代行に否定的な意見を言って、退職代行を利用した人に罪悪感を抱かせて、今後退職代行を依頼したいと思ってる人から選択肢を奪った悪質な番組だ》

などと、批判的な意見が続出。主に働き盛りの若い世代からの反発を受け、新年早々炎上する事態となってしまった。しかし、この若い世代との〝感覚のズレ〟には、「致し方ない」と同情できる点も多いようで…。

「キャスター界での小倉さんのポジションは、お笑いでいう〝師匠〟にあたる大御所。『とくダネ!』でも自身が頭で一番偉く、身近に〝モノ申しヅラい相手〟は存在しません。こうした立場に加え、年齢的には完全に経営者なわけですから、目線が〝労働者=退職する側〟ではなく〝経営者=退職される側〟になるのも仕方ありませんよ。本人に悪気はないでしょうし、責めるのは酷だと思います」(制作会社関係者)

〝結構毛だらけ〟と言わんばかりに、炎上など恐れずモノを申すのがウリの小倉。今年の「とくダネ!」でもそのスタイルは全開のようだ。

 

【あわせて読みたい】