浜崎あゆみ“代理出産説”否定も深まる疑惑…「ますます嘘クサい」

浜崎あゆみ 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

新年早々1月2日に発表された、歌手の浜崎あゆみが第1子を〝極秘出産〟していたとのビッグニュース。ネット上では〝代理出産説〟が浮上している中、9日発売の『週刊文春』で浜崎の実母が代理出産を否定した。しかし、その内容に、ネット上ではますます疑いの目が強くなっているようだ。

「代理出産説が唱えられ始めた理由は、浜崎の超人ぶりにあります。11月に出産したとなると、5月~8月の妊娠中に全国ツアーを敢行し、出産後約1カ月でカウントダウンライブで仕事復帰したことになる。いくら浜崎がプロで、医療関係者の立ち会いのもとライブが行われたとしても、常識的に考えればかなり無理がある。ましてライブでは、いつものように、激しいダンスやジャンプをしていたそうですから、危険極まりない。さらに浜崎は現在41歳。リスクのある高齢出産であったことも考えると、たとえ本人が仕事をし続けたいという希望があったとしても、そこに〝GO〟を出す医者や事務所が存在するとはとても…」(芸能記者)

 

母親と友人の証言だけでは納得できない?

そんな声が上がる中、『週刊文春』は1月上旬に浜崎の実母に直撃取材を敢行。〝代理出産説〟を突き付けたところ、《もちろん本人ですよ》と笑いながら一蹴したようで、今後、浜崎の留守中は自身が子守を受け持つことになっていることを明かした。そして、現在の浜崎の体調について、《もう骨盤がダメ》《(骨盤が)緩んでいますから通院しております》と、新たな情報を交えて受け答えした。

「実母の他に、浜崎の出産について言及しているのが、浜崎の親友ともいわれる会社経営者の女性。浜崎から《グリグリに大きな目をした何ともかわいい赤ちゃんの写真》や《大きなおなかをした妊娠中のセルフィー(しかも下着姿笑)》が送られてきたようで、ネット上では『本当に生んだんだ』との声が上がっていました。しかし肝心の浜崎はというと、育児に忙しいのか代理出産説についてはスルー。親友や実母が証言しているのに、一向に本人が言及しないことで疑いが晴れないままなのです」(芸能ライター)

実際に、ネット上では、

《わざわざ骨盤の話なんかするか? 母親が。ますます嘘クサいんですけど!》
《母親巻き込んでの壮大なコントなのかなw》
《ついに実母まで出てきたか。とりあえず骨盤がって言っときゃいーやみたいな。笑》
《母親が言ってるから産んだの事実だね…ってなるわけない》
《周りが言うほど嘘くさいのはナゼかな》

などと、疑いを強める声が多く上がっている。

世間も納得させるためには、親友に送ったという〝大きなおなかをした妊娠中のセルフィー〟を公開するしかなさそうだ。

 

【あわせて読みたい】